ニュース| 日本:東部でマグニチュード7.3の地震、津波警報

ラプロヴァンスから(AFP付き)

気象庁(JMA)によると、東日本は水曜日の夕方にマグニチュード7.3の大地震に襲われた。 津波 北東海岸の大部分で。 23:36(14:36 GMT)に発生した地震の震源地は、部門の沖合にありました 福島JMAによると、深さ60kmの震源は1メートルの波を警告した。

電気のない200万世帯

震えは長くて強く感じました 東京オペレーターの東京電力によると、日本の首都にある70万戸近くを含め、200万戸以上の家が電気を失っています。 日本北東部にサービスを提供しているJR東日本鉄道会社は、そのネットワークに大きな混乱をもたらしたと発表しました。

東京電力はツイッターで、2011年にマグニチュード9の地震によって引き起こされた巨大な津波によって深刻な被害を受けた福島第一原子力発電所を含む資産のレビューを行っていると述べた。

日本はまだ11年前の大惨事に悩まされています その中で、18,500人以上が死亡し、行方不明になり、165,000人以上が放射線の危険性のために家から逃げることを余儀なくされました。

いくつかの主要な構造プレートの接合部に位置する日本は、定期的に地震に見舞われており、建物が激しい揺れに耐えられるように厳しい建築基準があります。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。