ノースフェイスの1,300ドルのパーカーの背後にある日本のスパイダーシルクのスタートアップをチェックしてください-ロイター

今、 日本の新興企業であるスパイバーは、クモの巣が繊維産業をどのように変革できるかを調査しています。 バイオテクノロジーは、ラボでスパイダーシルクのレプリカを作成することから始まり、その後、ウール、カシミア、デニムのより持続可能な代替品を含むようにファブリックラインを拡大しました、とスパイバーの事業開発マネージャーである東健二は言います。

同社の特許取得済みファイバーであるBrewedProteinは、日本のストリートウェアレーベルSacaiやアウトドアウェアのスペシャリストであるThe NorthFaceJapanなどのブランドの限定コレクションで使用されています。

現在、生産を拡大し、テキスタイルの完全な商業的立ち上げの準備を進めているスパイバーは、その技術が「私たちが直面している大きな世界的な課題のいくつかを解決する」のに役立つことを望んでいます。

クモは液体タンパク質を絹に変えることによってウェブを構築します。 カイコは何千年もの間絹を生産するために飼育されてきましたが、クモは共食いであり、繁殖することは不可能です。

このため、友人の関山和英とスパイバーの創設者である菅原淳一は、スパイダーシルクと分子的に同一の合成材料を開発することを決定しました。 デュオは山形県慶應義塾大学の学生として2004年に実験を開始し、2007年に会社を設立しました。

スパイバーは「数千種類のクモ」や他の絹生産種を研究し、絹の品種のデータベースを作成したと東氏は言います。

チームはスパイダーシルクの代替品の作成に成功した後、タンパク質配列を変更することで一連の醸造タンパク質化合物を開発したと東氏は説明します。

スパイバー繊維は、タンパク質ポリマーを製造するためにビールの製造に使用されるものと同様の鋼製タンクで、水、糖、栄養素を特別に改変された微生物で発酵させることによって作られます。 ポリマーはノズルから供給され、繊維に紡がれると東氏は説明します。

しかし、それは簡単な旅ではありませんでした。 2015年、スパイバーはノースフェイスジャパンと提携し、月面着陸50周年を記念して50枚の「ムーンパーカ」ジャケットの限定版を制作しました。

しかし、設計プロセス中に、チームはスパイダーシルクが濡れると収縮することを発見し、繊維を屋外のジャケットに適したものにするためにタンパク質を変更する必要がありました。

「基準を満たした服を作るのに4年かかりました」と東は言う。 パーカーは15万円(2019年は約1400ドル相当)で売られ、小さなコレクションは完売しました。

リサイクル革命

ファッションは、世界で最も汚染されている産業の1つです。 経営コンサルタントのマッキンゼー・アンド・カンパニーによると、毎年約21億トンのCO2を排出しています。 その約70%は生産によるものであり、繊維の製造には大量の原材料と水が使用されます。

スパイバーは、工場でロボット工学を使用して、スパイダーシルクに着想を得た繊維を作成しています。

東氏によると、同社が実施したライフサイクル分析によると、スパイバーの生分解性繊維は、完全生産時に動物繊維の5分の1の炭素排出量しか発生しないと予想されています。

それでも、スパイバーは環境への影響を減らしたいと考えています。 同社は現在、発酵プロセスにサトウキビとトウモロコシを使用しています。これは、大量の土地を消費し、食料資源を転用する作物です、と東氏は言います。

このパッチのようなトラッカーは、不眠症に光を当てることができます

この問題を解決するために、スパイバーは「生物圏サイクル」と呼ばれるプロセスを開発しました。これは、綿などの天然素材から作られた廃棄された衣類を発酵に必要な糖に変換します。

毎年約4000万トンの繊維廃棄物が発生し、そのほとんどが埋め立て地や焼却炉に捨てられます。これらの繊維を循環させ続けることで、より持続可能な代替案を生み出すことができると東氏は言います。

世界的な広がり

クモ類からインスピレーションを得ているのはスパイバーだけではありません。 2016年、アディダスはAMSilkのBiosteelファイバーをスニーカーに組み込み、2017年、カリフォルニアのテキスタイルイノベーターであるBolt Threadsは、StellaMcCartneyがデザインしたゴールドのドレスを着たスパイダーシルクにインスパイアされた糸Microsilkを発表しました。

The North Face Japanとのコラボレーションに加えて、Spiber’s Brewed Proteinは、日本のデザイナーの中里唯馬が彼女のコレクションのいくつかに使用し、ストリートウェアブランドのSacaiが限定版のTシャツに使用しています。 東氏によると、スパイバーは自動車業界でもチャンスを模索しているという。

2021年、ファッションデザイナーの中里唯馬は、パリのオートクチュールファッションウィークで、醸造されたタンパク質とシルク繊維で作られた光沢のある青いテキスタイルのコレクションを発表しました。

同社によれば、スパイバーは、金融会社のカーライルや三菱UFJモルガンスタンレー証券などの投資家から約1,000億円(7億8,300万ドル)の資金を調達し、政府機関やスタートアップ開発基金からの助成金も調達している。

この資金提供により、同社はパイロットの山形施設を超えて拡大することができます。今年後半にはタイに小さな施設があり、来年には多国籍食品加工業者のアーチャーダニエルズミッドランドカンパニーとの提携により米国に大きな施設がオープンします。 東氏によると、これにより、2023年末までに数千トンの醸造タンパク質の生産が可能になるとのことです。

東氏によると、この規模は醸造タンパク質の価格を引き下げ、スパイバーがハイエンドのデザイナー市場を超えて拡大するのに役立つとのことです。

「私たちには、より循環的なファッションを可能にするソリューションを作成する手段があります」と東氏は言います。 「これらのソリューションを世界中で利用できるようにすることが私たちの使命です。 »»

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です