ハンター×ハンター遊園地は2022年に日本で期待されています

ユニバーサルスタジオは、遊園地の子会社のおかげで、冨樫義博の作品のファンにクレイジーな体験を提供したいと考えています。

冨樫義博が制作した漫画は3年間休止しており、ファンはゴン・フリークスと彼の友人たちの新しい冒険を熱心に待っています。 日本で6500万部以上を売り上げ、 ハンター×ハンター また、2つのアニメの適応の対象でした。 1999年から2001年にかけて日本で最初に放映された日本アニメーションがプロデュースし、続いて3つのOVAシリーズが続き、2011年から2014年にかけて日本で放映されたマッドハウスがプロデュースして最初からストーリーを取り上げた2番目のシリーズ。 として ワンピース どこ ドラゴンボール2022年に再び映画館で、2つのアニメーション映画もリリースされました。 ハンター×ハンター:レッドファントムハンター×ハンター:最後のミッションどちらも2013年に日出ずる国でリリースされました。

冨樫義博の宇宙に完全に浸る

マンガやアニメの復活の可能性についての噂はまだ表面化していないが、ユニバーサルスタジオはこのフランチャイズを忘れていないようで、ファンのために大きな驚きを準備している。 Twitterのアカウント 少年ジャンプニュース–非公式 爆弾を落とした:スペース ハンター×ハンター ユニバーサル・スタジオ・ジャパンの公園で日の目を見るでしょう。 近年、大阪の巨大なテーマパークは、インスピレーションを得た空間を作ることでアニメファンを魅了することができました 進撃の巨人セーラームーン名探偵コナン また 1 部屋。 同じユニバーサルスタジオジャパンで今年オープンしたスーパーファミコンワールドのように、その目的は、訪問者が選んだ作品をテーマにした装飾、ショップ、アトラクションで、ポップカルチャーの世界に完全に浸ることを目的としています。 少年ジャンプニュースは、ツイッターの投稿で特定の日付を発表しています:2022年3月4日。

テーマパーク、新しいエンターテインメントトレンド

ユニバーサルスタジオはエンターテインメントのヘビー級であり、フロリダにも同様の公園があり、アトラクションは映画のフランチャイズに捧げられており、多くのテーマエリアがあります ジュラシック・パークワイルドスピード また ハリーポッター。 ファンが待ち望んでいたが、健康危機のために遅れたスーパーファミコンワールドは、マリオやゼルダの世界への招待状です。 ユニバーサルがゾーンを作成するために行ったのと同等の600億円(5億ドル)の投資を必要とした巨大な複合施設 ハリーポッターの魔法の世界

日本側にはもう一つの遊園地が待ち望まれています。 名古屋近郊の愛知県にあるジブリパークは、2022年秋にオープンする予定です。 将来の複合施設の計画や、宮崎駿自身(次の映画に取り組んでいる)がデザインした公式ロゴはすでにインターネットで見ることができ、最初の画像は神話のスタジオの宇宙に完全に没頭することを約束します。 となりのトトロエンチャント また 空の城 :ギブリの最高傑作のすべてが脚光を浴びているはずです。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。