バイデンは5月に韓国と日本を訪問します

ホワイトハウスは、中国と北朝鮮との緊張の中で、5月20日から24日まで米国のジョー・バイデン大統領が韓国と日本を訪問すると発表した。 旅行の目的は 「私たちの政府、私たちの経済、そして私たちの人々の間の絆を深めるために」「確固たるコミットメントを推進する」 アジア太平洋地域を支持する米国の 「自由でオープン」それはプレスリリースで言います。

ジョー・バイデンは、5月10日に就任する韓国の尹錫淵新大統領と岸田文雄首相に会う。 東京では、オーストラリア、インド、日本との米国の同盟である「クワッド」の加盟国の元首や政府にも会う予定です。 この非公式の同盟は2007年に創設され、中国の影響に対抗するために2017年に再開されました。

バイデン政権は、アジア太平洋地域を、特に国際貿易ルートを管理したいと非難している中国の拡大に対抗するための対外および防衛政策の中心的存在と見なしている。 世界の2つの最大の経済は、貿易、人権、そしてジョー・バイデンがより一般的に独裁政治と民主主義の間の闘争と呼んでいるものをめぐって対立しています。

その一部として、北朝鮮は今年、制裁を解除するために前例のない一連の兵器試験を実施しました。これには、フルレンジのICBMの発射が含まれ、国際社会に懸念が生じています。 しかし、中国や北朝鮮のテストを取り巻く懸念は、2月下旬からロシアのウクライナ侵攻によって覆い隠されてきた。 インドとこの地域の多くの国は、ウクライナの危機によりワシントンがアジア太平洋への関心を失うことを恐れています。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です