パンデミックにより、日本は再び大賞を放棄している

2年連続で鈴鹿では日本のイベントは開催されません。

主催者によると、10月10日に鈴鹿で開催されるF1日本グランプリは、健康上の理由から2年連続で中止となった。 デブリーフィング」日本政府は、日本の当局とともに、国内で進行中のパンデミックに関連する困難を理由に、今シーズンのレースをキャンセルすることを決定しました。」はプレスリリースでF1世界選手権の主催者であるアメリカの会社フォーミュラワンを書いた。

フォーミュラワン”現在、改訂されたスケジュールの詳細に取り組んでいますF1シーズンと今後数週間で最終的な詳細を発表します“、プレスリリースは指定します。 「」フォーミュラ1は、今年と2020年に、私たちが適応して解決策を見つけることができることを証明しました「状況に適応して、彼女は思い出します。 2020年にほとんどの国際的なスポーツイベントの延期またはキャンセルを余儀なくされたパンデミックはまた、オーストラリア、カナダ、中国、シンガポールで最初に予定されていたいくつかのF1グランプリを今年延期することを余儀なくされました。

同じ理由で、MotoGPチャンピオンシップに数えられる日本グランプリは6月末にキャンセルされ、10月にも開催される予定でした。 ループではなく8の字であるという特徴を持ち、線路に架かる橋を備えた鈴鹿サーキットは、1987年以来31回のF1グランプリを開催してきました。 4月、日本のプロモーターとF1当局は、少なくとも2024年までこのサーキットでレースを続けると発表しました。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。