ビデオ:PayPalが日本の後払いスペシャリストであるPaidyを買収

暗号通貨の世界に侵入するためのPayPalの努力に続いて、アメリカの会社はオンラインの延期された支払いスペースに投資しています。 彼女 知らせ 3,000億円(27億ドル)の取引で主に現金でのローン支払いを専門とする日本企業Paidyの買収。

PayPalはこの取引を利用して、国内での国境を越えたeコマース事業に加えて、世界第3位のeコマース市場である日本での事業を強化しています。 日本市場は強力な成長マージンを約束しており、企業の現金支払いは依然として非常に一般的です。 買収は2021年の第4四半期に完了する予定です。

Paidyには現在600万人の顧客がいます。 「Paidyは、日本市場に合わせた「今すぐ購入」および「後払い」ソリューションを提供した最初の企業でした。 これはメインサービスになり、消費者と商人にとって重要な双方向プラットフォームを開発しました」と、PayPalの日本担当副社長であるピーターケネバン氏はプレスリリースで述べています。 「Paidyのブランド、機能、才能のあるチームとPayPalの専門知識、リソース、グローバルなリーチを組み合わせることで、この戦略的に重要な市場での勢いを加速する強力な基盤が生まれます」と彼は付け加えました。

Paidyはその名前を維持します

Paidyは、クレジットカードを必要としない「今すぐ購入、後で支払う」サービスを提供しています。 日本の会社のサービスでは、買い物客はオンラインで購入し、スーパーマーケットでの一括請求または銀行振込で毎月支払うことができます。 同社は独自の技術を使用して、信用力を評価し、取引を保証し、商人への支払いを保証しています。

「Paidyは私たちの旅の始まりに過ぎません。PayPalに参加することで、eコマースを超えて新しいショッピング標準として独自のサービスを構築する計画が加速します」とPaidyのCEOであるRikuSugieは述べています。

分割支払いと同様に、後払いサービスはフィンテック分野で増加しており、ヨーロッパと米国で急速に成長しています。 FIS社の数字によると、メディアは報道しました 日経アジアこれらのサービスは、2020年に世界の電子商取引の支払いの2.1%を占め、2024年には4.2%に達すると予想されています。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。