ビバテクノロジー:フェアで見られる明日の5台のバン

6月15日から18日までパリで開催されたVivaTech見本市では、多くの企業が明日の輸送システムについて非常に個人的なビジョンを提示しました。 エアタクシー、新世代のTGV、またはインフレータブル電動スクーター、未来のモビリティは何よりもネットワーク化され、汚染が少なくなります。

TGV M、新しいSNCF TGV

VivaTechのこの第6版の一部として、鉄道会社は「未来の列車」を発表しました。 TGV Mと名付けられたこのエコTGVは、2024年に発売される予定です。 現在の最大600人と比較して、最大740人の乗客を運ぶことができ、97%のリサイクル可能な材料で作られ、従来のTGVよりもエネルギー消費量が20%少なくなります。 乗客は、Wi-Fi、リアルタイムの交通情報、より優れたアクセシビリティなど、スケーラブルで接続された機内サービスの恩恵を受けることもできます。

TOM.travel:VivaTech:ロボット、仮想職場、初日のプログラムのフランスのクラウドもお読みください

ボロコプターによる空飛ぶタクシー

空飛ぶ乗り物の分野のパイオニアであるボロコプターは、都市タクシーのコンセプトであるVoloCityを発表しました。 この垂直離着陸機は、空路で街を横断することを可能にします。 特に、主要な交通ハブ(鉄道駅、空港など)間で旅行者を輸送することを目的としています。 VolocopterのフランスコマーシャルディレクターであるJean-ChristopheDrai氏によると、この新しい交通手段は、渋滞を回避することで都市部の移動をスムーズにします。 念のため、同社はポントワーズに本拠を置くイルドフランスのエコシステムに参加し、デバイスとテクノロジーをテストしているメーカーの1つです。 ニューアーバンエアモビリティをテーマにした最初の実験は、現在このテストサイトで行われています。 官民コンソーシアムは、アスリートを輸送するために2024年のオリンピックとパラリンピックの最初の航空機を飛ばすことを望んでいます。

クレジット:Margot Ladiray

> TOM.travelもお読みください:空飛ぶ車、電気飛行機:ポントワーズ空港でテストされている未来の輸送手段はどれですか?

日本製のインフレータブル電動スクーター、ポイモ

日本のメルカリ社が設計したポイモインフレータブル電動スクーターは、フェアビジターの好奇心をかき立てました! 楽しいロッキングホースに似せて設計されたこのマシンは、重量がわずか6kgで、バックパックに収まります。 その後、ユーザーは1分以内にポンプで空気を膨らませ、この車に搭載されている空気を切断するだけで済みます。これは6 km/hを超えてはなりません。 それで、本発明のポイントは何ですか、急いでいるパリジャン、または最悪のランナーでさえ彼を追い抜くことができるとき、あなたは私に言うでしょう? 日本のスタートアップにとって、Poimoは、時間を節約するという論理に基づくのではなく、仕事からの帰宅をより快適にすることを目的として設計されました。 誰がそのような機械に乗ってオフィスに現れることをあえてするかはまだ分からない。

単一の電気ヘリコプタージェットソンONE

スウェーデンから直送するこのミニヘリコプターは、時速70 km、航続距離20分の速度で飛行できるカスタムジェット機です。 最初の配送は2023年に米国で開始され、その後、法的枠組みが許すポーランドで開始されます。 ボロコプターのように、いわゆるeVTOL、つまり垂直離着陸を備えた電気自動車に属する発明。 その価格:92,000ドル。 もちろん少額ですが、インフレータブルスクーターよりも少しだけ「投げる」車両の場合です。

ルノーとアウディがコンセプトカーを発表

ルノーとアウディも最新の自動車イノベーションを発表するようになりました! 今回はインフレータブルブイもプロペラもありませんが、電気とテクノロジーが交差するコンセプトカーです。 自動運転、機内での極端なデジタル化、または持続可能な素材である2つのグループは、テクノロジーとエネルギー節約に基づくインテリジェントなモビリティに依存しています。 特に、ルノーは、バッテリーを含み、電気と水素の両方の推進力を備えた、95%リサイクル可能なScénicVisionを発表しました。 アウディでは、メーカーは、CO2排出量がほぼゼロで、自動運転システムを搭載した100%電気コンバーチブルを発表しました。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。