ビルマ軍事政権、外国人を含む 6,000 人の被拘禁者を恩赦

(詳細を追加)

[11月17日 ロイター] – ミャンマー軍事政権は、アウン・サン・スー・チー氏の元経済顧問でオーストラリア人経済学者のショーン・ターネル氏を含む6000人の拘束者に恩赦を与えたとビルマメディアが木曜日に報じた。

Irrawaddy News と BBC Burmese によると、元英国外交官のヴィッキー・ボウマンと日本のドキュメンタリー映画製作者の久保田徹も釈放された。

ショーン・ターネルは、9月に公的な機密保持法に違反したとして懲役3年の判決を受けました.

ヴィッキー・ボウマンは移民法違反で起訴されていました。 彼女と彼女の夫でビルマ人アーティストのコ・テイン・リンは拘留されていた。

久保田亨は昨年10月、扇動・通信法違反の罪で懲役10年の実刑判決を受けた。

独立系メディアのミャンマー・ナウは、ミャンマー軍事評議会を引用して、国民の祝日に恩赦が与えられたと報じた。

「国民の日の機会に、軍事評議会は約6,000人の囚人が解放されたと発表した.11人の有名人が(釈放された)中にいる」とそれは言った.

軍事政権のスポークスマンはロイターのコメント要請に応じなかった。

オーストラリアと日本の外務省は、コメントの要請にすぐに応じることができませんでした。

(カヌプリヤ・カプールによって書かれたロイターのレポート; フランス語版カミーユ・レイノー)

Yamagata Akio

「熱心なポップカルチャー中毒者。インターネット愛好家。不治のゾンビ狂信者。邪悪なコーヒーファン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です