ビルマ: 軍事政権、外国人 4 人を含む約 6,000 人の囚人を解放

2022 年 11 月 17 日 7:53 に投稿2022 年 11 月 17 日午前 7 時 59 分更新

ビルマの軍事政権は木曜日、数人の外国人を含む約 6,000 人の囚人の釈放を発表した。 後者のうち、元外交官のヴィッキー・ボウマン氏、オーストラリアの経済顧問ショーン・ターネル氏、日本のジャーナリスト久保田徹氏は「恩赦を受け、追放された」と軍事政権は声明で述べた。 高官によると、彼らは今週木曜日に国で行われる「ナショナルデーの機会に解放される」.

この動きは、2021 年 2 月 1 日のクーデターで権力を掌握して以来、軍の率直さを示す珍しい兆候である。

政治的非難

この決定は、2021 年 2 月の軍事クーデター以来、国を血なまぐさい紛争に陥れたとして非難された軍事政権による政治的非難を理由に、人権団体によって何ヶ月も要求されていた。

2002 年から 2006 年まで勤務していたヴィッキー ボウマンと、彼女の夫で元政治囚だったビルマ人アーティストのティン リンは、移民法違反で 8 月に逮捕され、1 年の懲役を言い渡されました。 彼の妻と同様に、テイン・リンも釈放された。

オーストラリアの経済学教授であるショーン・ターネルは、 アウンサンスーチーの顧問として 2021年2月のクーデターの数日後に彼が逮捕されたとき. 彼は公務秘密法違反で 9 月に懲役 3 年の判決を受けました。

窪田徹容疑者(26)が7月に傍観者として逮捕された ラングーンでの反軍事デモ、 懲役十年の判決を受けた。 日本の外交筋によると、後者は「本日釈放」され、ビルマを離れて日本に向かう。

170人のジャーナリストが逮捕された

久保田徹は、クーデター以来、アメリカ人のダニー・フェンスターとネイサン・マウン、ポーランドのロバート・ボシアガ、日本の北住有希に続いて、軍事政権によって逮捕された 5 人目の外国人ジャーナリストとなった。 彼らはすべて最終的に釈放され、強制送還されました。 ユネスコによると、クーデター以来、少なくとも 170 人のジャーナリストが逮捕され、そのうちのほぼ 70 人がまだ刑務所にいます。 釈放された 4 人目の外国人、Kyaw Htay Oo はビルマ人で、アメリカのパスポートも持っています。

「約600人の女性を含む合計5,774人の囚人が釈放される」と軍事政権は述べた。 発表直後、ヤンゴンのインセイン刑務所前に家族が集まった。

独立系アナリストのデビッド・マシソン氏は、ショーン・ターネル教授の釈放は「非常に良いニュース」だと述べています。 しかし、軍事政権は「改革の兆しを見せておらず、大量恩赦はクーデター以来犯された残虐行為を免除していない」と彼は回想する。 「クーデター以降、何千人もの人々が投獄された […] アムネスティ地域事務所のスポークスマンはこう付け加えた。

亡命政府の 3 人の元大臣 アウンサンスーチー 裁判中に拘留されたままである も釈放された。 地元の NGO の統計によると、クーデター以降、2,300 人以上の民間人が治安部隊によって殺害された。 一方、軍事政権は、反政府武装勢力が 3,900 人以上の民間人を殺害したと非難している。

Adachi Akira

「音楽愛好家。Twitterオタク。旅行のスペシャリスト。アマチュアの内向性。プロのコーヒー狂信者。ベーコン愛好家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です