ピーチ・アビエーションのCEOが訪日観光客の「爆発的な」帰国を予測

しかし、木曜日にドルに対して24年ぶりの最低水準に達した日本の通貨の下落は、政府の介入を促し、ANA Holdings Incの低コスト航空会社がその価格を引き上げる可能性があるとゼネラルマネジャーのMori Takeaki氏は付け加えた.

岸田文夫首相は、木曜日の後半にCOVID-19ウイルスに感染した場合、日本の国境での管理のさらなる緩和を発表する予定であり、森氏はこれがサービス部門の回復を後押しする鍵になると述べた.

「日本政府が入国制限をさらに緩和すれば、需要は爆発的に回復すると思う」と森氏は木曜日にロイターに語った.

日本はパンデミックの間、主要経済国の中で最も厳しい国境措置を維持し、6月に段階的な再開を開始する前の2年間、訪問者の入国を事実上禁止しました。

円安により、日本は旅行者にとってより手頃な価格の旅行先になると森氏は述べた。 しかし、円が下落し、インフレ圧力が高まるにつれて、ピーチは価格の引き上げで同業他社に追随しなければならないかもしれない、と彼は付け加えた。

今のところ、同社の航空機のレンタル費用は、弱い日本の通貨に対してヘッジされますが、来年の見通しはあまり確実ではないと彼は言いました. 森氏は「来期以降のヘッジをどうするか悩んでいる。 「円安により燃料価格が非常に高くなり、コストの大部分を占めているため、非常に大きな影響を与えています。」

Taguchi Eiji

「作家。音楽の専門家。コーヒー中毒者。インターネット愛好家。フリーランスのベーコン狂信者。ウェブの専門家。Twitterの学者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。