ファイナリスト7名はこちら!

今日の午後、「カー オブ ザ イヤー」の審査員は、カー オブ ザ イヤー 2023 の 7 つのファイナリストを発表しました。 フランス、アジア、その他…

もうすぐ選挙だ カー・オブ・ザ・イヤー 2023 ! によってマークされた 2022 年版の後 KIA EV6の勝利陪審員 カー・オブ・ザ・イヤー 今朝発表された 2023年のファイナリスト7人! 昨年の表彰台には 6 つの電気自動車モデルがあり、選択された燃焼エンジンはプジョー 308 だけでした。 ことし 選択されたすべての車両は電動化されています 現在のオール電化のトレンドを踏襲。 6つの100%電気モデルと2つのハイブリッドモデルがあります。 カー オブ ザ イヤーの投票が迫っています。 投票のために22か国からの自動車ジャーナリストの審査員に提示されました. これらの 7 つのモデルは、 暫定リスト当初は 45 のモデルがありました。

ジープ アベンジャー

それか ジープからの最新アベンジャークロスオーバーは、今年のベストカーのタイトルを獲得することを期待して、このランキングを開始します! ジープ初の全電動モデル4Xe プラグイン ハイブリッド シリーズを完成させ、 400kmの自律性. アベンジャーもそうだな 小型モデル それが現在のレネゲードの下になるようにジープ。

キア・ニーロ

韓国のKIAは更新しました BセグメントのSUV ことし。 古い世代よりもはるかに現代的で技術的であり、 KIAの新しいスタイリングコード、新しいロゴ、新しいダブル ステージ プロジェクター、以前の作品よりもはるかに独創的なデザイン。 で利用可能 プラグインハイブリッド および 100% 電気この最新バージョンには 460kmの自律性。

日産アリア

年後 リーフファミリーセダン そして私たちが知っている成功は、日産があらゆる手を尽くした 有谷. 100%電動ファミリーSUV、そのデザインは一見すると非常に分裂的ですが、優れた居住性と日本ブランドの最新の技術設備が含まれています。 で開発されました CMF EV プラットフォーム 電動のルノー メガーヌ E-Tech と共有されます。

プジョー408

そこにあった プジョーからの素晴らしいニュース パリでの最後のワールドカップで: 408. トレンドを追う SUV クーペのゼネラリスト、それはシトロエン C4X の技術的ないとこです。 408 は、コンパクトな 308 に導入されたプジョーの最新のスタイル コードを反映した、アグレッシブでシャープなラインを採用しています。 彼は後者からダッシュボードを引き継ぎ、まだマークされています iコックピットスピリット。 エンジン側では、 プラグインハイブリッド で利用可能 180 または 225 馬力 エネルギー。 その全電気範囲は 63キロ。

また読む:

カー オブ ザ イヤー 2021: ファイナリスト 7 名はこちら

Renault Austral (2022): どのバージョンを選ぶべきか?

トヨタ bZ4X 2022: 最初のテストに成功?

ルノー オーストラリア

もう一つのフランスの目新しさ別のハイブリッドSUV ルノー オーストラリア. Kadjar の後継として、このルノーの主要な SUV は、最も使用頻度の高いセグメントにおいて、その前身と比較して大きな飛躍を遂げています。 ルノーの新しいスタイル要素 (新ロゴ含む)、100%デジタルのL字型計器類を備えたオリジナルのダッシュボードなど、ルノーの「ニューレンジ」が拡大する新たなフラッグシップです。 160 または 200 馬力で今のところです フルハイブリッドとして利用可能を待っている間 今後数か月でプラグイン ハイブリッド バージョン.

トヨタ bZ4X / スバル ソルテラ

日産アリアとの競争で、ページを見つける 日本大会 豊田率いるデュオ: 100%電動SUV bZ4X と彼の双子 スバルソルテラ. 何十年にもわたってハイブリッドに限定されてきた後、トヨタはこの最初のモデルで電気への移行を行いました bZ範囲(ビヨンドゼロ用))。 2021年に発表されたBz4xコンセプトの未来的な機能をピックアップ 自律性は 450 km でピークに達しますスバルのカウンターパートと同じ数字です。

フォルクスワーゲン ID バズ

未来的なモデル 1950年からの旧コンビの特徴と哲学を引き継ぐバズ ID フォルクスワーゲンの ID シリーズの最新の 100% 電気自動車モデルです。 の中に ユーティリティまたは旅客バージョン彼は提供していますか 最大 416 km の自律性. 1 人目は 2 ユーロ、もう 1 人は 5 人のユーロ パレットを収容でき、1 人で拡張されます。 細長いバージョン (およびVPの7つの場所)来年。

2023 年のカー オブ ザ イヤーは、1 月 13 日に開催されるブリュッセル モーター ショーで発表されます。 ヨーロッパの首都の論理的な選択です!

Okura Sho

「誇り高きフードマニア。受賞歴のある探検家。情熱的な旅行忍者。ソーシャルメディアの伝道者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です