ファビオ・クアルタラロの好操作、ジャック・ミラーの勝利

それは勝利ではなく、表彰台でさえありません。 しかし、MoteGPグランプリもてぎ(日本)で9月25日(日)に行われたファビオ・クアルタラロ(ヤマハ)の8位入賞は、シーズンの終わりに向けてカウントされる可能性があります。 現世界チャンピオンであるフランス人ライダーは、首位争いには参加せず、ポイントでレースを終えるというメリットがありました。 フランチェスコ バニャイア (ドゥカティ) はリタイア、アレイシ エスパルガロ (アプリリア) は 16 位でした。

また読む: MotoGP: バスティアニーニがアラゴンで優勝、ファビオ クアルタラロがクラッシュし、チャンピオンシップで大敗

ファビオ・クアルタラロに先んじて、オーストラリアのジャック・ミラー (ドゥカティ) が完璧なレースにサインしました。 7番手からスタートし、前を行くライダーを次々と抜き去り、リードを奪い、決してあきらめませんでした。 彼は南アフリカのブラッド ビンダー (KTM) とスペインのホルヘ マルティン (ドゥカティ プラマック) を抑えてフィニッシュし、もう 1 人のトリコロール、ヨハン ザルコ (ドゥカティ プラマック) は 11 位でした。 しかし、彼は2位からスタートしました。

フランチェスコ・バニャイアのミス

ジャック・ミラーの復帰を除けば、日本でのレースは比較的静かだった。 しかし、状況の逆転がグランプリの終わりを活気づけました。 クアルタラロのすぐ後ろに戻ってきたバグナイアは、最後のラップでフランス人を追い抜こうとして、チャンピオンシップの順位をさらに上げようとしました。 彼が最終的に大金を払ったリスク:彼は徒歩でトラックを離れ、皮肉なことに自分自身を称賛しました.

世界ランキング3位のアレックス・エスパルガロは、グランプリのオープニングメーターでメカニカルトラブルに見舞われ、ピットインを余儀なくされ、イベントへのすべての野望を放棄した。 したがって、対戦相手の不幸は、クアルタラロのビジネスになります。 フランス人ライダーは現在、チャンピオンシップの順位で全体で 219 ポイントを獲得しており、バニャイアより 18 ポイント多く、エスパルガロより 25 ポイント多くなっています (1 勝は 25 ポイントに相当します)。今シーズンは残り 4 レースです。 次回は 10 月 2 日の日曜日にタイで開催されます。

Fukui Fuji

「インターネットスペシャリスト。謝罪のないコーヒーオタク。受賞歴のあるソーシャルメディアの魔術師。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です