フランコフォニーサミットでのモロッコの存在感の弱さ

モロッコとチュニジアの間の開かれた外交危機のトンネルの終わりはまだ終わっていません。 いらっしゃいませ カイス・サイード大統領は、ポリサリオの首長であるブラヒム・ガリが、昨年8月に8つのマグレブ2カ国で. 11 月 19 日と 20 日にチュニジアのジェルバで開催されるフランコフォニー サミットで王国の存在感が低いことからも明らかです。

ラバトは、「ナディア・エル・ノット氏が率いる代表団、外務・アフリカ協力・モロッコ居住省の協力・文化活動担当ディレクターであり、国際フランコフォニア機構の政府首席代表である。 MAP エル・ノット氏は、金曜日にフランコフォニー組織の閣僚会議にも出席したと報告しています。

伝統的に、モロッコはこれらの会議にいわゆる主権大臣を派遣しています。 2014 年のダカール サミットでは、サラヘディン メズアール外相がモロッコ代表団を率いました。 この機会に、彼はムハンマド 6 世国王から参加者へのメッセージを読み上げました。

2019 年 10 月にモナコで開催された第 36 回ラ フランコフォニー閣僚会議で、モシン ヤズーリ外務大臣代理がモロッコ代表団の議長を務めました。 2022 年 5 月にテレビ会議で組織されたフランコフォニア機構閣僚会議の第 41 回臨時総会で、モロッコは外交部長のナセル ブリタが代表を務めました。

カイス・サイードが日本・アフリカ連合首脳会議でポリサリオの指導者のために予約した8月末のレセプションをめぐる事件以来、王国は協議のためにチュニスに駐在する大使を呼び戻した。 チュニジアも同じ措置で対応した。

Yamagata Akio

「熱心なポップカルチャー中毒者。インターネット愛好家。不治のゾンビ狂信者。邪悪なコーヒーファン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です