フランスが日本を併合

ゲーム。 世界で 7 番目にオーガを追い越した国に直面したフランスは、24 位で引きずりましたが、それでもリードを許しました。 ブロックが大混乱を引き起こし、攻撃が的を射、トリコロールが 4-1、7-3、10-6 でリードしました。 日本側の試合はスムーズで、少し緊張感がありました。

しかし、アジア人はパニックにならず、落ち着いて復帰し(13-13)、わずかなアドバンテージを利用して(19-20)、セットポイントを獲得しました(23-24)。 しかしトリコロールは諦めず、バーの攻撃に反応し、バウアーのブロックでセットボールも奪った。 彼らは実際には 3 つのセットポイントを持っていましたが、28-30 で終わったのは日本でした。

その後、フランスが前進しました (5-2、9-5、14-10)。 日本は第1セット(17-17)と同じように冷静に反撃したが、リードすることはできなかった。 それどころか、フランスは最初のセットポイントが敵に渡された (23-24) にもかかわらず、リードを維持しました (23-21)。 Rotar は支持できず、Stojilkovic がサインし、Haewegene が小さなボールを入れ、Rotar がブロックされた – Bauer がセットを提供した: 27:25。 とにかく第7回ワールドチームの前に立つ!

確かに、残りはもっと難しく、フランス人は肉体的に苦労しました。 しかし、彼らは決して完全にあきらめませんでした。 たとえ敗北(20:25、19:25)でも決して悪名高いものではありません!

プレーヤー。 Club Pays d’Aix – Venelles でプレーするフランス人の Amandine Giardino は、大会の最高のリベロに選ばれました。

分類。 ベルギーがコロンビアとアルゼンチンに勝利 (3-0) (カナダに 3-2) した後、フランス大会の順位は次のようになりました: 日本 1 位、フランス 2 位、ベルギー 3 位、コロンビア 4 位、アルゼンチン 5 位、カナダ 6 位。

フランス – 日本: 1-3
セット: 28-30 (32′)、27-25 (31′)、20-25 (26′)、19-25 (23′)。
フランス : バー、バウアー、ローター、ラタヒリー、シルベス、ストジルコフツ、ヘーヴェゲネ、レスポート、ディウフ、セーガー ヴァイダー、オリンガ アンデラ。 リベロ:庭。
日本: 井上、横田、林、古賀、島村、関、そして宮部、石川、佐藤、籾井。 リベロ:さとみとうちせと

Fukui Fuji

「インターネットスペシャリスト。謝罪のないコーヒーオタク。受賞歴のあるソーシャルメディアの魔術師。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。