フランスがNASAの月探査プログラムに参加

火曜日に、フランスは、地球外資源を保護するための「セキュリティゾーン」の作成を特に規定する「アルテミス合意」に署名することにより、月の将来の探査のために米国が推進するプログラムに参加しました。

これにより、フランスはこの新しい宇宙探査の波に参加する20番目の国(カナダ、日本、英国、ウクライナ、イスラエル、アラブ首長国連邦、ブラジルなど)になります。太平洋は、国立宇宙研究センター(CNES)を指定します。 )、フランスの宇宙機関。

そのCEOのフィリップバティストは、NASAの管理者ビルネルソンの前でワシントンで「アルテミス合意」として知られている宣言のテキストに署名しました。 同名のアメリカのプログラムは、アポロ11号の歴史的な月面着陸から50年以上経った、2025年頃に宇宙飛行士を月に戻すことを目的としており、最終的にはそこに恒久的な人間の存在を確立することを目的としています。

また、2024年から月軌道に建設されるステーション、月ゲートウェイ、より遠方の有人飛行の将来の出発点の建設も想定しています。

アルテミス合意は、宇宙を統治する1967年の国際条約に基づいた米国との一連の二国間協定です。

「私たちの科学界と業界の両方にとって、この新しいフレームワークは、私たちが新しい課題に直面し、偉大な宇宙大国の1つであり続けることを可能にします」とフィリップバティストはプレスリリースで引用しました。

署名国は、月だけでなく火星や小惑星での将来の活動に適用される12の原則を順守します。ミッションの透明性、システムの相互運用性、緊急時の要員のサポート、科学データの交換、史跡の保存です。 ..

より物議を醸す措置は、第三者による「有害な干渉」を防ぐために、特に月の水などの資源の搾取を保護するために、「安全地帯」を区切る可能性を想定しています。 そしてこれは1967年の条約がこれらの資源のいかなる「国家的流用」も禁じている間です。

「私たちの分析によると、アルテミス合意は1967年の条約と矛盾しません」とCNESの戦略部門の副プログラムディレクターであるPascaleUltré-GuérardはAFPに語った。

このテキストは、月探査へのフランスの取り組みを「固める」のに役立つと彼女は付け加えた。 たとえば、フランスの月ゲートウェイの通信および給油モジュールであるエスプリは、タレスアレーニアスペースによって設計されます。

2020年に米国によって提示されたテキストは、独自の月面ステーションを一緒に建設することを計画している中国またはロシアのどちらによっても署名されていません。

juc / pcl / cel / swi

FINMECCANICA

知的参加

タレス

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。