フランスの症例, 犬, 病気の症状

10 月 27 日木曜日、パスツール研究所は、エソンヌのエヴリー クルクロンヌにあるシェルターに収容されているハスキー雑種犬の狂犬病の症例を確認しました。 動物は数人を噛みました。

狂犬病は ウイルス感染家族のウイルスが原因 リッサウイルス. これは人獣共通感染症で、動物から人に伝染しますが、人から人には伝染しません。 それか フランス 定期的に狂犬病の症例に直面する ペットの違法輸入 病気が風土病のままである国から。 エソンヌで事件が報告された (イル ド フランス) 2022 年 10 月。病気の侵入とその蔓延を防ぐための手段はあり、適切な対策を講じる必要があります。

定義: 狂犬病とは?

狂犬病は ウイルス感染、リッサウイルスファミリーのウイルスによって引き起こされます。 それはズーノーシス、つまり動物から人に伝染する病気です。 狂犬病は 脳炎感染症と脳の重度の炎症。 狂犬病はほぼ常に致命的です 最初の症状が現れたらすぐに」博士を追加します。 パスツール研究所の国立狂犬病レファレンスセンターの副所長であるペリーヌ・パリズ博士は、次のように述べています。

フランスで狂犬病の症例はありますか?

フランスは狂犬病のない国です。 “L犬の狂犬病は根絶されました 前世紀初頭」 彼に知らせる 博士パスツール研究所国立狂犬病レファレンスセンターの副所長、ペリーヌ・パリズ博士は次のように述べています。 フランスで登録された狂犬病の症例はすべて、国外で感染した動物によるものです。 フランスは定期的にこれに直面しています 違法輸入に係る狂犬病事件 農業省は、病気が風土病のままである国の家畜に通知します。 2022 年 10 月、パスツール研究所は狂犬病の症例を確認しました。 エソンヌのエヴリー=クールクロンヌにある保護施設で飼われているハスキーの雑種犬 (91)。 動物は 何人か噛んだ ばく露後の予防的治療を行ったパスツール狂犬病研究所によってケアされた人。 犬は 狂犬病が蔓延しているモロッコから違法に輸入された可能性がある 風土病。 2020年2月、 モロッコからスペイン経由で持ち帰った子犬から狂犬病が発見された. 「毎年、数匹のコウモリが私たちの研究所またはナンシー野生生物および狂犬病研究所 (ANSES) の研究所に送られ、陽性と診断されます。 リッサウイルス“、 彼女は付け加えます。 したがって、フランス領内で狂犬病が伝染する状況は次のとおりです。 展示会 (咬傷、引っかき傷、傷や粘膜のなめ)。 コウモリまたは違法に輸入された動物 (適切な狂犬病予防接種なしで)他の国から。 フランス国民にとって最も脆弱な状況は、 狂犬病がまだ陸生哺乳類に発生している国での動物への暴露 (西ヨーロッパ、日本、オーストラリアを除く世界中のどこでも)旅行中。

狂犬病の症状は?

狂犬病の動物に感染した後、病気の最初の兆候が現れる 平均して1~2ヶ月後 これは潜伏期間に相当します。 ただし、この期間はさまざまで、刺されてから数日かかることもあれば、数か月続くこともあります。 狂犬病は 脳炎、感染症 神経系 中央。 主な症状は次のとおりです。

  • 意識の異常 行動の変化、恐怖、興奮から昏睡まで。
  • 痙攣 : 水恐怖症および/または空気恐怖症が観察されることがあります (水を見たとき、または空気と接触した後の首の筋肉のけいれん)。 これらのけいれんは制御不能で、この病気の特徴です。 ちなみに、一部の国では狂犬病はハイドロフォビアと呼ばれています。
  • 自律神経系の調節不全 : 呼吸、消化、発汗、心拍、血圧などをコントロールし、患者に血圧異常、血圧の変化をもたらします。 心拍数、瞳孔の異常、特に過度の唾液分泌。 この兆候は、犬の狂犬病にも非常に特徴的です。

「最初の症状が現れると、発症は急速で、通常は数日以内に死に至ります。」 ペリーヌ・パリズは言います。

WHO は次のように推定しています。 狂犬病による人の死亡の99%は犬の咬傷によるものです. 「この病気は、狂犬病の動物と(唾液を介して)直接接触することで人に伝染します。噛んだり引っ掻いたり、傷や粘膜をなめたりして。 ほとんどの死亡者は、犬や特定の野生の哺乳類が狂犬病にかかる可能性があり、最も脆弱な集団がこの病気の予防治療を受けられない国で発生しています。 アフリカとアジアが狂犬病による死亡率の大半を占めていますスペシャリストを進化させます。 「臓器や組織の移植後に感染する非常にまれなケースを除いて、狂犬病の人から人への感染のリスクはありません。」 科学者は言います。 狂犬病は動物を撫でても伝染しません。

狂犬病の診断検査にはどのようなものがありますか?

診断は 獣医師がこの病気を疑った場合に動物に実施する (例えば、狂犬病がまだ犬に蔓延している国から不法に輸入された動物)。 人間には無い 脳炎の症状が現れる前の病気の診断検査ではありません. フランスでは、狂犬病の診断は、人工呼吸器や病院の感染症専門医によってしばしば疑われます。 「患者の臨床症状と病歴が示唆しているため、この病気が疑われます。 海外で噛まれたりひっかかれたり、フランスに違法に輸入されたコウモリや動物にさらされたりしましたか? これらすべての要素を組み合わせると、人間の診断を認可されたフランスで唯一の研究所は、パスツール研究所の狂犬病の CNR です。 診断は、唾液および皮膚生検サンプルの PCR によって行われます。 博士は説明します。 パリゼ。

狂犬病の治療法は何ですか?

ありません 狂犬病の有効な治療法はありません. 私たちは持っているだけです 予防治療 いわゆる曝露後予防(ワクチン接種および狂犬病免疫グロブリン)。 「狂犬病の唯一の予防治療は曝露後の予防 狂犬病の疑いのある動物に噛まれた後は、できるだけ早く開始する必要があります。 ワクチンは、感染に対する 100% の保護を提供します。 フランスにはある ほぼすべての部門に狂犬病センターがあり、 狂犬病の疑いのある動物に噛まれたり引っ掻かれたりした患者を治療する場所です。 これらのセンターのみが、暴露後予防を行う権限を与えられています。 治療は、 一連の4回または5回のワクチン注射と、場合によっては抗狂犬病免疫グロブリンまたは抗体の注射、 狂犬病を直接狙った」、スペシャリストをリストします。 これらの治療は、咬傷または引っかき傷の翌日、潜伏期間中、および症状が始まる前に投与する必要があります。

狂犬病の予防接種を受けるべき人は?

狂犬病のワクチン 狂犬病ワクチン パスツール® 必須ではありません フランスで、しかしそれは推薦されます:

  • 不審な動物との接触後
  • 危険な国に滞在中」特に子供の場合ペリーヌ・パリゼは説明します。
  • 狂犬病の職業的リスクがある場合 (獣医師、狂犬病の診断やワクチンの製造を行う検査室職員、またはコウモリと接触するカイロプテロロジスト)

専門家は、これについて医師と話し合うことをお勧めします-すべての医師は狂犬病に対する予防接種を受けることができます-またはセンターに行く 予防接種 旅行疾患を専門とする医師が一般に情報を提供する国際会議。

フランス国民にとって最も脆弱な状況は、 狂犬病がまだ陸生哺乳類に発生している国での動物への曝露 (西ヨーロッパ、日本、オーストラリアを除く世界のどこでも…) 旅行する. 危険な国での滞在中に身を守るために、 なじみのない動物に触れないでください そして持ち帰らないでください。 動物は狂犬病に感染し、人や他の動物に伝染する可能性があります。

ペットと一緒に旅行するには、事前の手続きが必要です (遵守しない場合、刑事罰が科される場合があります)。

  • 出発の十分前に獣医に連絡してください(目的地に応じて1〜4か月)。
  • あなたの動物は識別され、現在のパスポートを伴う必要があります。
  • あなたのペットの予防接種は、特に狂犬病に対して最新のものでなければなりません。
  • 特定の狂犬病が発生しやすい国に旅行する前に、抗狂犬病抗体の血清滴定のための血液検査が必要です。

フランスでコウモリや違法に輸入された動物で噛んだり、引っ掻いたり、なめたりして曝露した場合、または海外で動物に曝露した場合に推奨されます。 すぐに狂犬病センターに連絡してください. 「旅行する場合は、出発前に医師にリスクについて確認するか、国際予防接種センターに行くことをお勧めします。」Perrine Parize を追加します。

狂犬病の危険にさらされている国は?

狂犬病のリスクのある国のリストは、2022 年 3 月に更新されました。 農業大臣. その中で :

  • アフガニスタン
  • 南アフリカ
  • アルジェリア
  • アンゴラ
  • サウジアラビア
  • アルゼンチン
  • アルメニア
  • アゼルバイジャン
  • バングラデシュ
  • ベリーズ
  • 良性
  • ブータン
  • ベラルーシ
  • ボリビア
  • ボツワナ
  • ブラジル
  • ブルキナファソ
  • ブルンジ
  • カンボジア
  • カメルーン
  • カナダ
  • チリ
  • 中国(人民共和国)
  • コロンビア
  • コスタリカ
  • キューバ
  • エジプト
  • アメリカ合衆国
  • ハンガリー
  • インド
  • マダガスカル
  • モロッコ
  • メキシコ
  • ノルウェー
  • ポーランド
  • ロシア
  • タイ
  • チュニジア
  • ウクライナ
  • ベネズエラ
  • ベトナム

博士のおかげでパスツール研究所の狂犬病に関する国立リファレンス センター (CNR) の副所長である Perrine Parize 氏は、次のように述べています。 2021年3月インタビュー。

出典:「狂犬病に注意」:毎年恒例の情報と予防キャンペーンの開始。 プレスリリース。 2022 年 6 月 30 日

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です