フランスのXV。 ブルースのバックラインコーチであるローラン・ラビは、「プノーは並外れており、モエファナは上昇を続けている」と語った。

「日常生活の中で、彼は生きる喜びとスライムを持ってきます。 圧力は彼から逃れる。 彼はリラックスした、気楽な面を持っていますが、ゲームが来ると彼はまったく別の人になります…」と元レーシング92のコーチは付け加えました。 今シーズン、クレルモントワ(25、33キャップ)は、日本との最後の2試合を含め、フランス側との最後の8試合で8回のトライを記録しました。

「彼は弁護を大いに傷つけます」

ロラン・ラビはまた、ユニオン・ボルドー・ベグルの若い中心地であるヨラム・モエファナの多様性を称賛しました。 「ヨラムは私たちと一緒にトレーニングに時間を費やし、到着した日には話していました。 真ん中であろうと両側の翼であろうと、彼は同じ力でプレーします。 彼は爆発的で、違いを生むことができます。 彼はボールを受け取った後、2倍の加速を持っており、それは防御を大きく傷つけます。 実際、Yoramのレベルは上がり続けています。 »»

ファビアン・ガルティエのチームは土曜日に9連勝を記録しました。これはフランスXVの新記録であり、土曜日の東京での夏のツアーの2回目と最後の試合で10連勝を目指しています。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。