フランスのXV。 日本をツアーする途中の19人のトリコロールバーバリアンズ

英国に対するバーバリアンズの大勝利(52-21)に参加した19人のフランス人選手は、日本でのブルースツアーの42人のグループに参加することになると、フランスXVのファビアンガルティエ監督が日曜日に発表した。

「そこで、ゲームの終わりに、彼らは19人のプレーヤーが選ばれたと言われました。 ですから、1人の怪我を除いて日本に行く選手はすでに19人います。「バーバリアンズ」を率いるフランスのコーチは言った。 「昨日(土曜日)にグループを作成しました。明日(月曜日)に連絡します。」彼が追加した。

ガルティエ、防衛に非常に満足

柱のジャン・バプティスト・グロ(トゥーロン)、シピリ・ファラテア(クレルモン)、ダニー・プリソ(ラ・ロシェル)、売春婦のピエール・ブルガリット(ラ・ロシェル)、クリストファー・トロファ(トゥーロン)、2列目トーマス・ラヴォール(ラ・ロシェル)、3列目Lines Dylan Cretin(リヨン)、Charles Ollivon(トゥーロン)、Sekou Macalou(スタッド・フランセ)、Yoan Tanga(レーシング92)、スクラムハーフのBaptiste Couilloud(リヨン)、Nolann Le Garrec(レーシング92)、オープナーのAntoine Hastoy(ポー)したがって、ルイ・カルボネル(トゥーロン)、センターのビリミ・ヴァカタワ(レーシング92)とタニ・ビリ(クレルモン)、ウィンガーのダミアン・ペノー(クレルモン)、ゴールキーパーのマックス・スプリング(レーシング92)は、オヨナックス(プロD2)トーマスラクラヤット。

イギリスの野蛮人は、夏のツアーのためにオーストラリアに行くイギリス人に8回の試みを与えました。 「それは私たちと若い選手たちにとって新しい経験でした」ガルティエは「1週間の学習でした」と強調しました。

「ダミアン・プノーやシャルル・オリヴォンのように国際レベルを知っている選手はほとんどいませんが、他の選手はチームに参加したいと思っており、大会、大会、チームスピリットにとって素晴らしいものでした。 彼らはピッチの内外で多くのことを学びました。」さらに、フランスのコーチは、選手の守備の強さを特に高く評価しました。

「3年間、ショーン(エドワーズ、フランスのディフェンシブコーチ、編集者のメモ)は、ラグビーの基礎を築いてきました。攻撃はディフェンスを通じてのみ存在するからです。 それは私たちに良い攻撃ボールを与える良い防御です。」、 彼が説明しました。 シーズンの忙しい終わりと遠いツアーの間に位置しているにもかかわらず、彼はこのタイプの試合が長期的にはフランス側を助けると信じています。

「このレベルに到達できたことは素晴らしいことでしたが、若いプレーヤーがさらに成長するのを助けるために、今日のように継続したいと思います。 あまりトレーニングはしていませんでしたが、日本ツアーの準備として2日間の集中的な日がありました。」、コーチを保証した。 ブルースは7月2日と9日に桜を咲かせます。

フランスのXV。 日本をツアーする途中の19人のトリコロールバーバリアンズ

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。