フランスのXV:ガルティエが日本のために彼のリストを描く


2022年6月9日午後6時55分に公開-2022年6月9日午後7時2分に更新

マシューワーナー

彼はトップ14のファイナリストのクラブでプレーする選手なしで作曲しなければなりませんが、ファビアン・ガルティエはXVの夏のツアーのためにいくつかの名前を漏らしました。 フランスから日本に旅行する必要があります。

ファビアン・ガルティエは、すべての選手が利用できるわけではないことを知っています。 フランスのXVは来年7月に2回日本と対戦する必要がありますが、フランスのスタッフは6月24日のスタッドドフランスでのトップ14決勝で出場する2つのクラブでプレーする選手を当てにすることはできません。 去年の夏のオーストラリアツアーと同じように、 ブルースのコーチは彼のグループを広げ、国際的な経験が少ないプレーヤーにチャンスを与えることを余儀なくされます、特にメルヴィン・ジャミネが自分自身を明らかにし、その後、後ろの位置で勝つことを可能にしました。 雑誌のインタビューで 正午のオリンピックファビアン・ガルティエは、アジアでのこのツアーを「新しいインキュベーター」として認定することを躊躇しませんでした。 彼はすでにアントワーヌ・デュポン、ロマン・ヌタマック、アンソニー・ジェロンチ、ロマン・タオフィフェヌアなどの選手に、非常に長いシーズンの終わりにふさわしい休暇を与えたいと思っています。 ブルースのボスは、6月22日に日本に向けて出発する予定の42人のプレーヤーのグループを定義する際に選択することができます。

ガルティエは彼のリストを終えるのを待たなければならないでしょう

ファビアン・ガルティエの指揮下にあるイギリスの野蛮人と一緒に選ばれ、 シャルル・オリヴォン、ジャン・バチスト・グロ、ダミアン・プノー、ディラン・クレティンがXVの色になります。 「ブレイブブロッサム」からフランスから守れ。 特にプロD2でプレーする4人の選手、トーマス・ラクラヤット(オヨナックス)、マティス・ペルショー(バイヨンヌ)、レミー・バゲット(バイヨンヌ)、レオ・コリー(モン・ド・マルサン)を含む最初の指標リスト。 ファビアンガルティエはまた、クリストファートロフア、ジョーダンジョセフ、シピリファラテアのプロフィールを強調しました。 他の人にとっては、グループでの彼らの存在は、今後数週間のクラブのパフォーマンスに直接依存します。 確かに、ピエール・ボシャトン、バスティアン・ヴェルグネス・タイレファー、ヴィリミ・ヴァカタワ、マックス・スプリング、ノーラン・ル・ガレック、マティアス・ハダドはすべて標的にされていますが、彼らが旅に出るかどうかを知るのを待たなければなりません。 今週の日曜日にラ・ロシェルがLOUに敗れたことで足首を負傷したピエール・ルイ・バラッシが参加するグループは開催されません。 しかし、ファビアン・ガルティエはまた、彼が自分の考えを実行し、アントワーヌ・フリッシュを選ぶことができないことを確認しました。 夏にミュンスターに移動するブリストルの中央の4分の3の役員は、肩の負傷で利用できなくなります。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です