フランスは、米国の気候法に対する EU の強力な対応を求めています。 日本も懸念を共有

フランスのブルーノ・ルメール財務相は、ジョー・バイデン米大統領の新たな支出イニシアチブにおける気候変動法案に対応して、欧州連合が迅速かつ断固たる行動をとるよう求める声を強めた.

フランスは、米国のデフレ法のいくつかの条項が EU への投資を抑制し、特に米国製の電気自動車 (EV) に対する減税など、欧州企業を差別していることを懸念しています。

市長は、「確固としたバランスの取れた」オプションには、より厳しい環境規制、ヨーロッパの製造業への優先権を保証する措置、または互恵規則の迅速化が含まれる可能性があると述べた. ヨーロッパがWTOに苦情を申し立てることができるかどうか尋ねられた彼は、大陸は利用可能なすべてのオプションを使用すべきだと述べた。

「私たちは迅速に行動しなければなりません。 私は、欧州連合から米国の同盟国に対して、首尾一貫した、強力で統合された対応を求める。 強硬路線だけが結果を出すことができる」とル・メール氏はレ・ゼコーのインタビューで語った.

米国と欧州委員会は先月、意見の相違を解決するためにタスクフォースを結成した、とEU域内市場委員のティエリー・ブルトンはビジネスラジオBFMに語った。

EU はフォーラムに書簡を提出し、WTO 規則に違反していると見なされる問題を列挙しました。

ブレトン氏は、「問題はそこで解決されるか、そうであることを望んでおり、それが、問題を議論するための作業部会を設けている理由だ」と述べた。

市長は、米国が 4 倍の補助金を提供する用意があるため、電気自動車産業への外国企業の投資を交渉するのに苦労していると語った。

全体として、フランスは約 100 億ユーロ (99 億 8000 万ドル) の投資と 10,000 人の雇用が危険にさらされていると推定しています。

「フランスとヨーロッパの産業に大きな衝撃を与えるリスクがある」とルメール氏は語った。

日本は欧州連合と足並みをそろえ、国内の電気自動車メーカーへの米国の援助は「差別的」であり、自国の自動車メーカーに対する平等な扱いを求めている。

日本政府は金曜日の声明で、日本の自動車産業は、国内の米国自動車メーカーに「差別的なインセンティブ」を提供する場合、世界最大の経済国である日本の電動化車両への投資をためらう可能性があると述べた.

「これは米国の投資と雇用の伸びにマイナスの影響を与える可能性がある」と彼は述べた。

最近可決された米国のインフレ法と、同国の環境に優しい技術を支援するための関連する補助金をめぐって、国際的な論争が勃発しました。 EU、韓国、その他の貿易相手国は、援助を不公平だと考えています。

報告書は、自動車の最終組立、その生産に使用される重要な鉱物、燃料部品とそのバッテリーに関連する要件について、米国は北米諸国よりも「日本をより優遇する」べきであると述べています。

EV税額控除の要件は、同盟国や志を同じくするパートナーと協力してサプライチェーンを構築するという日米共同の政策と矛盾しており、日本政府はこの規則が「日本企業が利益を享受することを妨げている」と述べている. . »

コメントはレビューされます。 コメントは記事に関連したものにしてください。 攻撃的でわいせつなコメント、個人攻撃、または広告は削除され、ユーザーはブロックされます。 最終的な決定は台北タイムズの裁量に委ねられています。

Adachi Akira

「音楽愛好家。Twitterオタク。旅行のスペシャリスト。アマチュアの内向性。プロのコーヒー狂信者。ベーコン愛好家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です