フランスは国際連盟でポーランドを破る

ブルースの場合。 フランス側は、イタリア、セルビア、カナダとの最初の3つのネーションズリーグの試合で勝利し、日曜日にオタワでポーランドに3セット1で敗れました。 アンドレア・ジャーニの選手たちは、大会開始以来1セットしか認めていませんでしたが、最初のセット(25:21)で優勝した後、ダブルワールドチャンピオンに対して別の勝利を疑っていました。

リードするのは米国だけ

しかし、ハブは2セット目の途中までポーランド人と接触していましたが、その後、ハブは2セットの野党の攻撃に苦しみ、ポイントを取るために傾向を逆転させることはできませんでした。 ネイションズリーグと昨年のオリンピックでブルースに2回敗れた後、ポーランドは4セット(25:21、22:25、21:25、22:25)で勝利し、対戦相手をテーブルデーに入れました。日ごとに9ポイント。

フランスは、前回の欧州選手権での16ラウンドでの驚きの敗北以来、初めてチェコ共和国に敗れ、4勝で米国だけをリードしました。 フィリピンで中国、オランダ、日本、そしてドイツと対戦するエアルバン・ヌガペスのチームメイトの次の締め切りは10日です。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。