フランスチームの 2 人の LOU プレーヤーにとって初めての可能性

title=

2017 年 11 月 14 日、フランスの XV とのグルパマ スタジアムでの試合中のオールブラックス。 (FRANCK FIFE / AFP による写真)

フランスの XV は、この秋のテスト シリーズの一環として、オーストラリア、南アフリカ、現世界チャンピオン、日本と対戦する準備をしています。 LOU プレーヤーの Jérôme Rey と Ethan Dumortier は、青いジャージを着て初めて見ました。

ホームでの 12 年間の緊張の後、ニュージーランドを破ってから 1 年以上が経ち、フランスのラグビー チームの選手たちは、11 月 5 日土曜日の午後 9 時に再び集まり、南半球の別のチームである「オーストラリア」と対戦します。 伝統的な秋のツアーの一環として、XV. その後、フランスは 11 月 12 日にマルセイユで現世界チャンピオンの南アフリカを破り、トゥールーズのアーネスト ワロン スタジアムでの日本戦 (11 月 20 日) でそのシリーズを終了しました。

トリコロールは 10 月 18 日に最初のリストを発表しました。 損失により、新しいプレーヤーが呼び出されました。 これは、リヨン オリンピック大学ラグビー (LOU) の柱であるジェローム レイの場合です。彼は、2022 年のシックス ネーションズ トーナメントに 1 分も出場せずに招集されていました。 これにより、彼はこのツアーで再び青いジャージを着る機会を得ました. ピッチに足を踏み入れずに呼び出された、同じくLOUの従業員であるウィンガーのイーサン・デュモルティエにも幻滅が知られていました。

また読む:リヨン: 6 人目の LOU 選手がフランスのラグビー チームに招集されました

2022 年のシックス ネーションズ トーナメントでは、2010 年以来初めてフランス チームの最高の栄光をベンチから見ることができました。ジェローム レイとイーサン デュモルティエだけが、マルクシスでのチーム トレーニングのためにフランス中部に旅行する LOU プレーヤーではありません。 ストライカーのロマン・タオフィフェヌアとディラン・クレティン、そしてディフェンダーのレオ・ベルデュ、バティスト・クイユー、ジェラシ・キリアンが参加します。

これらの 3 つの対戦により、フランス XV はアイルランドを抜いてラグビーの世界ランキングのトップに戻ることができ、フランスで開催される 2023 ワールド カップから 1 年も経たないうちにこの勢いを維持することができます。

Taguchi Eiji

「作家。音楽の専門家。コーヒー中毒者。インターネット愛好家。フリーランスのベーコン狂信者。ウェブの専門家。Twitterの学者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です