フランス銀行総裁によると、米国のインフレ率の鈍化:「すべての人に朗報」

多くの兆候は、 値上げ アメリカ 6月のピークからの減速は「良いニュース」だ。インフレーション11 月 15 日火曜日に下線を引いた フランス銀行 パリの金融センター主催のイベントで日本で講演するフランソワ・ヴィルロワ・ド・ガロー氏。 米連邦準備制度理事会(FRB)のインフレ抑制政策は、「ドル高に伴い、世界に大きな影響を与えている」と述べた。 ユーロは長い間、ドルに対して平価を下回り、2002 年以来見られなかったレベルに達しました。

CPIベンチマーク指数によると、米国の消費者物価は10月に2021年10月と比較して7.7%上昇し、9月に記録された8.2%の上昇よりも弱く、予想を下回った. このリリースに続いて、投資家が株価を急上昇させて歓声を上げるには十分です。 ラエル・ブレイナード副大統領は月曜日、連邦準備制度理事会(FRB)は、インフレと戦うための主要なツールである利上げのペースをすぐに減速させるべきだと述べたが、FRBはまだ利上げを止めてはならないと強調した。 それは 3.75% から 4.00% の範囲にあり、2008 年 1 月以来の最高水準です。


また読む

米国: 10 月のインフレ率は予想を下回った

欧州中央銀行 (ECB) にとっても、金利の急激な上昇は「習慣になるべきではない」とフランス銀行の総裁は宣言し、金利は上昇し続けるべきだと考えています。ゆっくり」、12月に予定されている2022年の最後の会議の後。 ユーロ圏の物価上昇率は 10 月に過去最高の 10.7% に達しており、利上げを止めるには、より不安定な食品や商品の価格を除外して、「基調的なインフレ率が好転する強い兆候」が必要です。 ECB の主な金利は現在 1.50% ですが、夏前はマイナスでした。


また読む

フランス銀行総裁は中央銀行に調整を呼びかける

Adachi Akira

「音楽愛好家。Twitterオタク。旅行のスペシャリスト。アマチュアの内向性。プロのコーヒー狂信者。ベーコン愛好家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です