フランス/日本(テレビ/ストリーミング)土曜日のバレーボールネイションズリーグの試合はどのチャンネルで視聴できますか?

フランスのチームは、先週木曜日にケソンシティで開催されたバレーボールネイションズリーグの6回目の試合で、オランダ(25-14、25-23、25-13)を簡単に支配しました。 今週の土曜日と日曜日に日本とドイツに対して続きます。 2022年6月25日土曜日の試合の観戦方法をご覧ください。

日仏会議の見方 ストリーミング中

2017年からすでに男性と女性のためのヨーロッパおよび世界バレーボール選手権の放送局であるL’Équipeグループは、 バレーボールネイションズリーグ2022

💻Tフランスチームのすべての試合 エアルバン・ヌガペスの指導の下で L’ÉquipeLiveUniverseのL’Équipeプラットフォームでライブで見つけることができます。 6月25日土曜日の会議をフォローできます フランス/日本は09:00に住んでいます!

L’EQUIPE.FR(LIVE)に行く

日仏会議の発表

すぐによくやった! 水曜日に相手チームのコビッド事件で中国を破って勝利したブルースは、今週木曜日にケソンシティのスマートアラネータコロシアムのフィールドで1時間過ごし、オランダのサイドを3セットの刺し傷で倒しました。オリンピックチャンピオンに対して何でもする(25-14、25-23、25-13)

「私たちは非常によくプレーしました。2セット目の初めに、ダブルパス/ポイントの変更を行ったと仮定してポイントを失いました(ラファエル・カレとジャン・パトリ 現在の場所に入った ベンジャミン・トニウッティとスティーブン・ボワイエ)そして私たちはポイントを獲得しました、私は私たちがプレーした方法にとても満足しています」と幸せにコーチは言いました アンドレア・ジャーニ。

「グループに戻って競争できることをうれしく思います。他の選手がカナダにいたとき、Aとの準備ができていました。まだ少しリズムと試合が欠けていますが、少しずつ戻ってきます。 3-0で勝利を収めることができてうれしい」と語った。 ベンジャミン・トニウッティ。

6試合で5回目の勝利を収めたフランスのチームは、今週の土曜日の巡回戦に先立ち、このバレーボールネイションズリーグのトップにしっかりと留まっています。 フィリップ・ブランによる日本また、大会の非常に良いスタート(1敗で4勝)、そして日曜日のドイツ(情報ページFFボレー)の著者でもあります

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。