フランス XV: スプリングボクス対日本戦の後、ブルースのバトンをローテーションするべきか?

11 月 12 日土曜日のスプリングボクスとの試合 (30-26 勝) の激しさの後、今週日曜日の日本との次の試合のターンオーバーに関して疑問が生じます。

顔や体にはまだ傷跡が残っており、揺れの激しさが競輪場に響き渡っています。 先週土曜日のブルースと南アフリカの決闘 (30-26 で勝利) を活気づけた巨大なフィジカル チャレンジは、その足跡を残しました。 ティボー・フラマン(脳震盪)、シリル・バイユ(腰筋)、ジョナサン・ダンティ(眼窩骨折)が前半に出た。

これらの 3 つは、11 月 20 日(日)午後 2 時にトゥールーズで日本を歓迎するためのパッケージです。 アントワーヌ・デュポン、 ウィンガーのチェスリン・コルベへの危険なタックルでスプリングボクスに退場処分彼女もイベントを欠場します。

2列目のロマン・タオフィフェヌア、左サイドバックのレダ・ワルディ、ウイングのマティス・レベル(ヨラム・モエアファナがガエル・フィコウと並んで中央に移動)、スクラムのマキシム・ルクなどにとっては、欠場が有利になるはずだ。

それでも、先週の土曜日のマルセイユでのエネルギー暴動を考えると、より完全な売上高の問題が提起されています。 グレゴリー・オルドリット、キャメロン・ウォキ、アンソニー・ジェロンチ、ウニ・アトニオ、ダミアン・ペノー、ジュリアン・マーチャンド、トーマス・ラモスなどの選手は、オーストラリアと南アフリカとの2つの代表選手とともに、シーズンの初めからクラブで幅広く活躍しています。 これらは非常に激しい試合でもあります。

誘惑

まだグループ 42 に残っているが、週末に選ばれなかったプレーヤーに報酬を与えたいという強い誘惑があります。 ブルガリット、タンガ、ベコニエ、クレタン、クイヨー、バラッシ、ラカ、さらにはブティエまでもが、水曜日の夜から定期的にクラブに送り返されます。 また、逆境は日曜日に弱く見えます。

「チャンスをつかむ選手もいる。 私たちは熟達の生命力を必要としています。 そこの選手たちは休暇からすぐに戻ってくる必要があり、私たちは彼らを待っています」とファビアン・ガルティエは土曜日の夜の記者会見で語った.

しかし、フランスのXVのスタッフの方針は、できるだけ早く最善を尽くすことです. この論理に従えば、すべての幹部は今週末、日本人と対戦するピッチに立つべきであり、会議が日曜日に行われるため、プレーヤーは追加の休息を得ることができることを知っています. 構成が発表されたら金曜日に返信してください。

Adachi Akira

「音楽愛好家。Twitterオタク。旅行のスペシャリスト。アマチュアの内向性。プロのコーヒー狂信者。ベーコン愛好家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です