ブルガリットだけが負傷し、その週に台風警報が発令

2度目の日本戦の6日前、フランスXVは1人の負傷者、ピエールブルガリットを後悔しているだけですが、台風のために彼の準備が1週間で中断される可能性があります。

XVのサマーツアーで。 フランスから日本まで、焦点は間違いなく天気にあります。 土曜日、ブルースは愛知県の暑さの中でブレイブブロッサムズ(42-23)との最初の試合に勝ちました。温度計は34°C、湿度が非常に高いため、審判は何度か「休憩」して試合を中止しました。来週、東京で土曜日(フランス時間午前7時50分)に予定されているセカンドゲームの準備をしているときに、台風がファビアン・ガルティエのチームを混乱させる可能性があります。 確かに水曜日か木曜日に警報が鳴り始めましたが、今週の日曜日はすでに雨が降っていて、気温は26度まで下がりました。 台風ハギビスの通過によりワールドカップグループステージの3試合がキャンセルされた2019年、フランス-イングランド、ニュージーランド-イタリア、ナミビア-カナダのラグビー、日本、台風がすべてニュースになっていたことを思い出してください。

エドワーズは日本に来ません

この台風がブルースの準備(あるいはゲームにさえ)に大きな影響を与えるかどうかを見るために待っている間、ブルースのスタッフは最初の親善試合がほとんど跡を残さなかったことを安心させました。 太ももの後ろでかなり軽い松葉杖に苦しんでいるのは、運ばれたボールのテストの著者であるラロシェルピエールブルガリット(24歳、6セレクション)の売春婦だけです。 しかし、彼はセカンドゲームに参加できるはずです。 さらに、ブルースのマネージャー、ラファエル・イバネスは、コビッドの検査で陽性だったためにフランスに滞在していたショーン・エドワーズの防衛補佐官が日本に来ないことを発表した。 「彼が来て、スタッフと離れて仕事を続けないほうが理にかなっていると思った」と元売春婦は言った。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。