ブルキナと日本の協力: 日本大使館は、ゴアブガ住民の衛生状態を改善するために 6,600 万 FCFA 以上を割り当てます

2022 年 9 月 9 日金曜日、日本大使館は、中央高原地域のクルウェオゴ州ニウ市ゴアブガ村を支援する健康社会支援センター (CSPS) の建設資金を調達するための寄付に署名しました。 寄付は、このプロジェクトを完成に導くゼムスターバ地域開発協会 (AZADEL) の会長が受け取りました。

「健康ほど貴重なものはない」。 このモアガのことわざが、ゴアブガ村の衛生状態の改善に取り組むことを決定した日本大使館の慈悲深いジェスチャーの背後にある理由です。 「寄付の価値はおよそFCFA 66,197,012です。 薬局、産科病棟、2 つの看護師宿舎、薬剤庫、ポジティブ ボアホール、6 ポスト トイレの建設に使用される予定です」と加藤正樹ブルキナファソ日本大使は語った。

彼は、寄付は、基本的な社会サービスへのアクセスを実現するという日本のコミットメントを実証したと述べた. これは、日本とブルキナファソの関係が良好であることの生き証でもあります。

寄付同意書に署名する加藤大使

博士によるとゼムスターバ地域開発協会(AZADEL)のイサカ・イルボウド会長によると、この寄付は同協会から日本大使館への要請に応えて行われました。 彼らに与えられたこの貴重な贈り物を考慮して、彼は資金が正しく使用されることを保証することを約束します. 「クラブは、ゴアブガに CSPS を建設するための資金を得たことを喜んでいますが、直面しなければならない課題があります。つまり、5 か月の作業の後に結果が利用可能になり、目に見えるようにするために、このプロジェクトを実現することです」と彼はほのめかしました。

協会のメンバーとゴアブガの村が式典に出席

博士のためにブッセ健康地区の最高医療責任者であるアデリーヌ・サロウ氏によると、この寄付はゴアブガ村に真の新鮮な空気を吹き込むものです。 実際、「村の人口は 2,551 人です。 Niouの医療センターから14km、BousséのCMAから5kmです。 このセンターの建設は間違いなく、地元の人々や他の多くの人々を喜ばせる質の高いケアの供給を強化するのに役立つでしょう」と彼女は喜んで言います.

家族写真で一緒に日本大使館のメンバーと協会のメンバー

最後に、加藤正明氏は受益者に「カイゼン」を実演するよう呼びかけます。これは、「思慮深く、積極的に、チームとして、または個人として、徐々にではあるが断固として現状を変える」ことを意味します。

エルワン・コンパオーレ

Lefaso.net

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。