ブルースがセルビアに勝つ

ブルースは国際連盟のペースを維持しています。 水曜日にヨーロッパチャンピオンのイタリアに敗れたアンドレア・ジャーニの部下は、大会の2試合目でセルビアに勝った。 しかし、オタワの土壌では、セルビア人が最高のスタートを切った。 Pavle Peric(22ポイント)のチームメイトはすぐにゲームをコントロールしましたが、3ポイント以上のリードを獲得することはできませんでした。 Habsは4回連続で勝ち、スコアボードを初めて上に上げることができましたが、その長さのリードは続きませんでした。 次の10ポイントのうち8ポイントで、Igor Kolakovicのプレーヤーは優位を取り戻し、最初のセットポイントからオープナーを獲得しました。 その後、ブルースが反応し、2セット目の最初のポイントでリードを奪いましたが、スティーブン・ボイヤー(22ポイント)のチームメイトが息を呑むことができたのはクロスオーバーまででした。 セルビア人は最後まで強力なままで、4ポイント未満で、2つの最初のイコライザーをセットに保存してから譲りました。

ブルースは決して安全ではありませんでした

3セット目のスタートは、最初の4ポイントを認め、ニコラ・メルジャナック(20ポイント)と彼のチームメイトに大きく遅れをとらなければならなかったフランス人にとって忘れられています。 しかし、5ポイント以上先を数えることはなく、セルビアの選択は保護を求めず、ブルースは28ポイントの争いの後、徐々にギャップを埋めて平準化した。 しかし、ブルースが支配権を握ったのはホームストレッチまでではなかった。 6-1は彼らに最初のセットポイントを許しましたが、2番目に彼らはその出会いでリードを取りました。 ラウンド4はラウンド2と同様でした。 実際、チームメイトのエアルバン・ヌガペス(15ポイント)とバルテレミ・シネニエゼ(10ポイント)がレースを最初から最後までリードしましたが、セルビアは長い間連絡を取り合っていました。 一連の4ポイントが連続で勝ち、6ポイントのリードでさえ緊張に終止符を打つことはありませんでした。 実際、セルビアは長さに戻る過程でハブに6-1を負わせました。 アンドレア・ジャーニの選手たちはゲームを引き締め、2番目のマッチポイント(25:21、22:25、23:25、23:25)で討論を終了し、今週の金曜日、フランスで土曜日の初めにカナダに挑戦する前に無敗のままでした。

バレーボール/ネイションズリーグ(W)
1週目–プール2(オタワ、フランス時間)

1日目-2022年6月9日木曜日
フランス -イタリア:3:0(25:22、26:24、25:19)

2日目-2022年6月9日木曜日
セルビア- フランス :1-3(25-21、22-25、23-25、23-25)

3日目-2022年6月11日土曜日
1時間30分: フランスカナダ

4日目-2022年6月12日日曜日
5.00: フランス-ポーランド

一般的分類
1-米国6ポイント
2-2- フランス6
3-日本6
4- ブラジル3
5-5- ポーランド3
6- イラン3
7- ドイツ3位
8日- セルビア3
9- アルゼンチン3
10- ブルガリア0
11- 中国0
12- オランダ0
13- イタリア0>>>開催国として準々決勝に自動的に出場
14- カナダ0
15- オーストラリア0
16- スロベニア0

順位の上位7名は、7月20〜24日にボローニャで開催される最終ステージである大会の準々決勝でイタリアに参加します。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です