ブルースが柔道の伝説に出会ったとき

ザッピングワールドフィフティーン インタビューレミ・ボンフィルス:フランスチームのキャプテン?

彼らをホテルに閉じ込めた検疫リフト以来、ブルースはトレーニングセッションの合間にもう少し時間をかけて日本、その文化、そしてその伝説を発見することができました。

今週の木曜日の朝、柔道の発祥の地とされる有名な道場である講道館を訪れた選手もいました。 この訪問の間に、彼らはその分野の伝説である井上康生に出会いました。 日本の柔道家は、2000年にオリンピックのチャンピオンに輝いたことで、彼のスポーツの歴史に特別な印を付けました。 彼は柔道の練習のいくつかの基本を受けたプレーヤーにデモンストレーションをすることができました。

井上康生とのこの出会いは、柔道を実践し、黒帯を達成したジュール・ファーヴルにとって特に重要でした。若い頃、クラブと一緒にここに来ていたので、私たちよりも小さい日本人の男たちに落とされていました。」 彼はレキップに言った。 それは多くの尊敬を鼓舞する神話的で荘厳な場所です。 私はこれをとても喜んでしました 朝。 井上がそこにいるとは知らなかった、彼はここの紳士、伝説だ。

素晴らしい経験

要約する

彼らをホテルに閉じ込めていた検疫が解除されて以来、ブルースは日本を発見するのにもう少し時間がかかるようになりました。 今週の木曜日の朝、柔道の発祥の地とされる有名な道場である講道館を訪れた選手もいました。 この訪問の間に、彼らはその分野の伝説である井上康生に出会いました。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。