プロレス:有名な日本人アントニオ猪木が心臓発作で死亡

著名なプロレスラーから国会議員に転身したアントニオ猪木氏が10月1日土曜日、心臓発作のため79歳で死去したと、彼が設立した日本プロレス連盟が発表した。

NHKによると、アントニオ猪木さん(本名猪木寛治)が心臓発作で亡くなった。 猪木氏は2019年に政界を引退し、その1年後に心臓病を患っていることを公表。

1.90 メートルの高さの巨人は、四角い顎と首に永遠に赤いスカーフを巻いており、1976 年に東京で有名なボクサー モハメド アリとの試合が世界中で放送された後、有名になりました。

彼は4年前に新日本プロレス(NJPW)を設立し、日本で最高のレスリング連盟になりました.

ワールド・レスリング・エンターテインメント(WWE)は公式サイトで「アントニオ猪木はスポーツエンターテイメント界で最も尊敬されている人物の1人であり、彼の国では真のレジェンドでした。

「スポーツを通じて世界平和に貢献する」

1989 年から 1995 年まで、彼は日本で最初の上院議員であり、1998 年にスポーツのキャリアを終えました。

2013年に日本の参議院議員に再選された彼は、北朝鮮との非常に個人的な「スポーツ外交」を開始したことで有名であり、特に冷戦中の北朝鮮による日本人拉致問題の解決を支援するために、北朝鮮に十数回行きました。

「スポーツを通じて世界平和に貢献したい」と語ったレスラーは、北朝鮮の指導者たちと会う機会として、北朝鮮で武道やレスリングの祭典を組織していた。

彼の北朝鮮滞在は日本のマスコミで広く取り上げられたが、しばしば日本の当局を当惑させた。 2013年、平壌への旅行から戻った後、彼は議会の承認なしに北朝鮮に出国したため、1か月の停職処分を受けました.

L’Arène ポッドキャストでフランスの希望、アマレとのレスリングを発見

Kurokawa Natsumi

「謝罪のないコーヒー愛好家。内向的。ゾンビオタク。邪悪なアナリスト。認定音楽忍者。情熱的なテレビの先駆者。アルコール学者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です