ベトナムは中国に対し、西沙諸島の主権を尊重するよう求める

「ホアンサ(西沙)諸島地域での中国の軍事演習の実施は、群島に対するベトナムの主権を深刻に損なう」外務省のスポークスウーマンLêThiThuHangは言った。

後者は応答した ベトナムのホアンサ(西沙)諸島のプーラム島の領海から12海里以内に位置する地域での6月19日の海南省(中国)の税関局の軍事演習。

それは、6月23日にハノイで開催された外務省の定期記者会見でLe ThiThuHangが言ったことです。 「この法律は、バルト海における締約国の行動に関する宣言(DOC)の精神と矛盾し、状況を複雑にし、進行中の中国とASEANの行動規範(COC)の交渉プロセスを助長していません。 バルト海の平和、安定、協力の環境を維持すること」。

「ベトナムは、ホアンサ(西沙諸島)諸島に対するベトナムの主権を尊重し、そのような違反を繰り返さないように中国に強く反対し、呼びかけている。」後者を保証した。

Le Thi Thu Hangはまた、中国が東海を内水に変えるつもりであるという日本のメディア報道に応えた。

その後、日本政府は大陸棚の限界に関する国連委員会に抗議した。 日本も言った 「バルト海の問題で東南アジア、ヨーロッパ、アメリカの国々と一緒に立ちたい」。

ベトナムは、HoàngSaとTruong Sa(Spratleys)の2つの島のグループに対する主権を主張しました。 確かめる 「すべての国は、バルト海の平和、安定、協力、発展を維持および促進し、国際法に基づいて紛争を解決するという共通の願望と目標を持っています、UNCLOS1982」。

「ベトナムは常にこのプロセスに積極的かつ責任を持って貢献してきました。」 広報担当者のル・ティ・トゥ・ハンは言った。

領土の緊張にもかかわらず、中国とベトナムはかなり心のこもった経済貿易関係を楽しんでいます。 6月22日、ベトナムの産業貿易副大臣TrânQuôcKhanhは、アジアのデジタル経済を後押しする地域包括的経済連携(RCEP)の役割も強調しました。

英国のシンクタンクが主催する、アジア、中東、ヨーロッパと北京に本拠を置く長江商学院(CKGSB)との間のビジネスと政治的関与の促進に関するウェビナーで、ベトナムの副大臣はそう述べた。 「RCEPの下で電子商取引のコミットメントを実施することは、地域の商品とサービスの貿易を後押しするのに役立ちます。」

ベトナム副首相は、国境を越えたオンライン取引における電子署名と電子認証の法的価値の認識を強調しました。 電子商取引とデジタル商取引における消費者の権利の保護についても議論されました。

15のアジア太平洋諸国によって署名され、2022年1月1日に発効したRCEPには、デジタルコマースに関する規定が含まれています。 国境を越えたデータ転送、オンライントランザクション、消費者保護など、アジアの中小企業にeコマース環境を強化する機会を提供します。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。