ベトナムは国際基準に従って農業生産を増加させる

大臣は、表示、トレーサビリティ、栽培分野の表示、検疫、包装、農産物の品質と種類、および商法に関する規制の厳格な遵守を強調しました。

同省は、障害を取り除き、ドリアン、ツバメの巣、パッションフルーツ、アボカド、グレープフルーツ、クルミ、ココナッツなどの主要な潜在的な市場への追加の農産物の中国への輸出を増やすための交渉を継続します。 日本のリュウガン、グレープフルーツ、パッションフルーツ。 大韓民国で加工されたエビ、グレープフルーツ、ライチ、ランブータン、鶏肉、牛肉…製品の付加価値を高めるために、加工能力と缶詰能力の向上にさらに投資することが重要であるとLeMinhHoan大臣は述べました。

同省は、世界の他の国や地域との間で締結された自由貿易協定(FTA)の実施を支持するとともに、海外のベトナム大使館や貿易農業局と調整して、国内市場や国内を支援するための要件に関する情報を収集し、公表します。貿易を促進する企業は、彼は付け加えた。

農業農村開発大臣によると、ベトナムのアグロフォレストリーと水産物の輸出は、最初の5か月で232億米ドルに達し、前年比16.8%増加しました。 米国、中国、日本がトップ3の輸入国であり、市場シェアはそれぞれ28%、17.8%、7%でした。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。