ベトナムは日本との分散型協力の促進を支持する

ベトナムは日本との分散型協力の促進を支持する

ベトナム政府は、日本との分散型協力の強化を常に支持していると、ファム・ビン・ミン常任副首相は述べた。

>> パンデミックにもかかわらず、ベトナムと日本の関係は深まっています

>>日本はベトナムの外交政策における信頼できる戦略的パートナーです

ファム・ビン・ミン常任副首相(右)と和歌山県の下浩副知事。
写真:VGP/CVN

ファム・ビン・ミン常任副首相は、10月6日木曜日にハノイで日本の和歌山県の下浩副知事を迎えながら、ベトナム政府は日本との分散型協力の促進を常に支持していると繰り返した。

ファム・ビン・ミン首相は、下浩司氏のベトナム訪問に敬意を表し、ベトナムとの協力を促進するための日本の県当局の努力を示していると強調した。

ファム・ビン・ミン首相は、ベトナムは両国間の協力を強化することに常に固執しており、両国間の貿易、投資、労働、交流の関係を強化するための効果的な手段と見なしていると繰り返した。

彼はまた、県当局に対し、ベトナム側と署名した協定を引き続き実施し、ベトナムのコミュニティとの協力関係の確立を強化し、彼らの企業が高品質の農業技術、種子生産、農業の加工にさらに投資するよう奨励するよう求めた。 、林業および水産物、人材育成における協力を強化し、州で働くベトナム人労働者の受け入れを拡大する。

ファム・ビン・ミン常任副首相(4代目)e 右)と和歌山県の下浩副知事(4)との会談の参加者e 左に)。
写真:VGP/CVN

シモ・ヒロシ氏は、ベトナム訪問の目的は、ビジネスのつながりを促進し、ワカヤム州とベトナムの場所との協力を促進することであると述べました。

和歌山県は、ベトナム農業農村開発省との農水産協力協定およびベトナム商工省との産業商業協力協定を積極的に実施していると下浩司氏は述べた。

また、日越友好議員連盟の二階敏宏会長が立ち上げた紀の川市と中部クアンナム省間の蓮の花交流構想など、人的交流も促進しており、蓮の花が両国のシンボルとなっています。日本の人々の間の精神的な絆について、シモ・ヒロシは付け加えた。

現在、和歌山県は下浩志氏を初代会長とする日越友好協会の設立を支援している。

VNA/CVN

Okura Sho

「誇り高きフードマニア。受賞歴のある探検家。情熱的な旅行忍者。ソーシャルメディアの伝道者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です