ベトナム航空の飛行機が日本人の子供を助けるために方向転換

ベトナム航空 VN384 便は、8 月 8 日にハノイから日本の羽田に向かう途中で、健康上の問題に苦しんでいた日本人の少年の世話をするために、1 時間 45 分以上後に出発空港に戻らなければなりませんでした。の。

>>ベトナム航空はベトナムと北東アジア間のフライトを調整しています
>>ベトナム航空がシドニーとメルボルンでオンラインチェックインサービスを開始






ベトナム航空にとって、乗客の安全は常に最優先事項です。

写真:VNA/CVN

145 人の乗客の 1 人である 10 歳の少年は、絶え間ない鼻血に苦しんでいました。 客室乗務員チームは、機内ですぐに彼に緊急支援を提供しました。 しかし、乗客の絶え間ない出血のため、乗務員は医療援助を求めるために飛行機をノイバイ国際空港に戻すことにしました。

母親と妹と一緒に旅行していた乗客は、後にハノイの病院に運ばれました。 彼の状態は安定した。

帰りのフライトのため、VN384 は 275 分遅れました。 乗客は、さまざまな方法でベトナム航空によって支援されました。 全員が、状況に対する乗組員の対応に支持を示しました。

客室乗務員のドアン・ティ・キム・トー氏は、ベトナム航空にとって乗客の安全は常に最優先事項であると強調しました。


VNA/CVN

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。