ベルトラン・バゲット 富士450kmで2位

(ベルガ) ベルトラン バゲット (日産) は、今週の日曜日、SuperGT シーズンの第 4 戦、日本の富士 450km で 2 位に入賞しました。

2か月以上の中断の後、今週末、シーズン最長のレースである富士の450kmで日本のスーパーGT選手権が再開されました。 予選とレースで気温が大きく異なる中、ベルトラン・バゲットや日本人チームメイトの平峰一樹など、一部のクルーは自己主張をすることができました。 7 位からスタートしたベルトラン バゲットは、スティントの最後に 3 位までポジションを上げました。 レース後半を担当した平峰選手が1つ順位を上げ、2位でゴールしました。 彼らは、スイスのトヨタのサッシャ・フェネストラズと日本の宮田リトモに7秒差で敗れた。 バゲットと平峰は5月の第1戦富士で3位に終わった後、4戦で2度目の表彰台。 選手権11位で富士に到着したバゲットと平峰は24.5ポイントで4位に浮上し、この日の勝者であるフェネストラズと宮田は31ポイントで新たなリーダーとなった。 (ベルギー)

Fukui Fuji

「インターネットスペシャリスト。謝罪のないコーヒーオタク。受賞歴のあるソーシャルメディアの魔術師。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。