ペノー、オリヴォン、そして…

シャルル・オリヴォン、マチュー・ジャリベール、メルヴィン・ジャミネ、ダミアン・プノー、ヴィリミ・ヴァカタワが、7月のブルース日本ツアーでフランスラグビー連盟(FFR)が月曜日に発表した42人の選手のリストに17人の新参者に加わりました。

XVのコーチ。 フランスのファビアンガルティエは、ほとんどのグランドスラム優勝者、特にトゥールーズのアントワーヌデュポンとロマンヌタマックを含む多くの幹部を保留にするだろうと警告していました。 彼はまた、愛知で7月2日、東京で7月9日に予定されている日本人との2回のミーティングで、トップ14のファイナリストであるモンペリエとカストルの選手なしでリストを作成しなければなりませんでした。

日曜日の夜、トゥイッケナムでイギリスのバーバリアンズがイギリス(52-21)と対戦した後、会議中に「バーバリアンズ」の先頭に立ったガルティエは、「19人の選手(ロンドンで試合をしたフランス人)日本に行くために選ばれた」。

柱のジャン・バプティスト・グロ(トゥーロン)、シピリ・ファラテア(クレルモン)、ダニー・プリソ(ラ・ロシェル)、売春婦のピエール・ブルガリット(ラ・ロシェル)、クリストファー・トロフア(トゥーロン)、2列目トーマス・ラヴォール(ラ・ロシェル)、3列目ラインディランクレチン(リヨン)、オリボン(トゥーロン)、セコウマカロウ(スタッドフランセ)、ヨアンタンガ(レーシング92)、スクラムハーフバプティストクイユ(リヨン)、ノーランルガレック(レーシング92)、オープナーアントワーヌハストイ(ポー)、ルイカルボネル(トゥーロン)、センターのヴァカタワ(レーシング92)とタニビリ(クレルモン)、ウィンガーのペノー(クレルモン)とリアのマックススプリング(レーシング92)、そしてオヨナックス(プロD2)のピラートーマスラクラヤット42の。

水曜日に日本に飛ぶ飛行機の中で彼らの隣に、数人の若者がフランスのチームを発見します。その中には、ボルドーベーグルの3番目のラインであるバスティアンヴェルニュタイユファー、オヨナのウィンガーであるエンツォレイビエ、柱であるマティスペルショーが含まれます。バイヨンヌまたはマティアスハダッドの、スタッドロシェルからの3番目のライン。

このリストでは、デンババンバ、オリボン、ペノー、ヴァカタワだけが20以上の選択肢を持っています。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。