ペルノ・リカール: 記録的な会計年度

(AOF) – ペルノ・リカールは非常に堅調な年間業績を報告し、配当の 32% 増額を発表しました。 6 月末に終了した 2021/2022 会計年度では、ワインとスピリッツで世界第 2 位の企業は、53% 増の 19 億 9,600 万ユーロの純利益を達成しました。 現在の営業利益は 30 億 2400 万で、本業 +19% (通常ベース +25%) 増で、営業利益率は 52 ベーシス ポイント改善されました (内部成長)。 アナリストは、18.1% の本業の営業利益成長を予想していました。

Absolut Vodka と Jameson Whiskey の所有者は、21% 増の 107 億 1000 万ユーロの売上高を記録しました。 内部成長率は17%に達しました。

2021/22 年の売上高は、すべての地域で 2 桁の割合で成長します。

南北アメリカでは、トラベルリテールの力強い回復に支えられて、北米での非常に力強い成長とラテンアメリカでの非常にダイナミックな成長により、売上高が 12% 増加しました。

アジア/その他の地域では、インド、トルコ、中国、サハラ以南のアフリカが牽引して、収益が 19% 増加しました。 韓国と日本でのパフォーマンスは非常に良好です。

最後に、ヨーロッパの売上高はスペイン、ドイツ、ポーランド、英国に牽引されて 19% 増加し、トラベル リテールが非常に力強く回復しました。

2021/22会計年度は、広範なブランドポートフォリオと幅広い地理的フットプリントを活用して、ほとんどの市場で市場シェアを獲得し、記録的な売上を記録しました。

価格は、すべての市場で平均して一桁台半ばの割合で上昇しました。

売上高は、ホスピタリティの強力な回復、オフトレードの回復力、トラベルリテールの急速な回復に牽引されましたが、中国発着の旅行は依然として制限されています。

さらに、2021/22 会計年度は、現在のフリー キャッシュ フローが 19 億 2,600 万ユーロとなり、記録的な現金生成が見られました。

これらの成果の結果として、グループは配当を 32% 増額して 1 株あたり 4.12 ユーロにし、2022/23 会計年度の自社株買い戻しプログラムを 5 億ユーロから 7 億 5,000 万ユーロにすると発表しました。

今会計年度について、ペルノ・リカールは、正規化された比較ベースでダイナミックかつ多様な売上高の成長と、第 1 四半期の好スタートを期待しています。

会長兼最高経営責任者のアレクサンドル リカールは次のように述べています。 2021/22 年はいくつかの点で記録的な年です。30 年間で最も強力な成長率、30 億ユーロを超える現在の営業利益、28.3% という記録的な営業利益率で、象徴的な売上高 100 億を達成しました。」 .

「困難で不安定な経済環境に直面しているが、競争上の優位性とデジタルトランスフォーメーションの迅速な実施のおかげで、2023年から2025年の中期財務目標を達成できると確信している.

Yamagata Akio

「熱心なポップカルチャー中毒者。インターネット愛好家。不治のゾンビ狂信者。邪悪なコーヒーファン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。