ホンダは2025年までに10の電動モデルを発売する

私たちは見た BMW 車の一時的なレンタル オプションを提供します (購入オプション付き)。 それはオートバイで起こるかもしれませんが、将来的にも起こります ホンダエレクトリックレンジ. 日本のメーカーのロジックを理解すれば、これを行う必要があるかもしれません 特定の機能にアクセスするために支払う 携帯電話、ガイド、または冬の加熱されたグリップを差し込むなど。 できる中毒 ひどく生きた特に彼女以来 財政的にメーカーに有利. しかし、疑問が生じます:私の電動スクーター サブスクリプションの支払いをしていない場合でも開始できますか ? メーカーが公開していない場合、同じスクーターを 15 年後も接続できますか? もっと更新する ? あなたはここにいる 最近始めた バッテリーの容量を減らす 満足していない顧客のために。 これらの慣行は、将来の電動二輪車のメニューに含まれていますか?

古いサーマル自転車十分な量が生産されれば、 ある程度の修理可能性 今日。 それか 装着部品 そしてその 消耗品 他社製です。 車両は単なる機械部品の集合体でした。 とともに ハードウェアとソフトウェアの結合 との乗算 コンピュータ回路 乗り物で、 大きな疑問 求められる 修理性 そしてその リサイクル これらの車両の。

それらに言及せずに、この記事は完全ではありません 利点 このようなサービス指向の操作。 の知識 ホンダの評判 参照すると 信頼性 (例: 5 年保証)、 製品寿命を延ばす必要があります おかげで アップデート 誰が来る 改善または修正 使用中の車両。 顧客として、スマートフォンから直接レビューを送信することも想像できます。

ホンダは適応する つまり、エコノミーモデルから電気レンジへの切り替えにより、最先端です。 この変更により、次の 2 つの道が開かれます。 乳牛 または製品を提供する より耐久性と信頼性. 日本のメーカーが矢面に立ってくれることを願っています 高潔な. しかし、私たちは 心に留めておかなければならない グローバル化された経済システムの中で企業が持っているもの 主な目的のために 利益を得るために。 続きます…

Okura Sho

「誇り高きフードマニア。受賞歴のある探検家。情熱的な旅行忍者。ソーシャルメディアの伝道者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。