ホンダシビックハイブリッド:快適なコンパクト

初代からちょうど50年後、ホンダは次のバージョンで2700万台を生産した後、11番目のシビックを発売します! 戦略的変更:ヨーロッパでは生産されなくなりましたが、日本から生産されています。 ヨーロッパでの売り上げが減少し、何年もの間そこでお金を失っている評判の良いメーカーの逆説的な方針。 イギリスで生産された前任者とは異なり、このシビックXIは日本から来ています。 論理的には、スウィンドンの英語サイト(3,500人の従業員)は2021年7月にその扉を閉めました。

現在、日本版またはアメリカ版と同じモデルです。 1995年版以来聞いていない。 それどころか、1995年から2021年まで、同社はヨーロッパ人向けに特別に車を設計すると主張しました。 この50周年は、いくつかの点でも象徴的です。 実際、半世紀前、日本企業は同時に最初の実車を発売しました。エンジンは自動車用に直接設計されており、オートバイ用のエンジンから派生したものではありません。

ヨーロッパの限界の場所

ホンダはヨーロッパで限界メーカーになりました。 昨年のフランスでの販売台数はわずか5,300台で、1990年代後半の18,000台から減少し、ヨーロッパ(EU、英国、スイス、ノルウェー)ではわずか68,000台でしたが、目標は30万台でした。 ホンダは2000年代半ばの記録的なヴィンテージで25万台を魅了しました。そのため、製品のグローバル化により、すべての大陸向けのボリュームにコストを分散させることでコストを削減しました。

ホンダフランスのマーケティングディレクターであるJean-AlexisBidet氏は、「市場は収束している」ため、グローバリゼーションは必ずしも悪いことではありません。 そして、マドリッド周辺のシエラデグアダラマで約200kmをテストした後、これが長い間最高のシビックであることは明らかです!

合理化されたライン、落ち着いたインテリア

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。