ホンダ・シビック、電気ではなくハイブリッド

日本メーカーの中で 2 位に浮上したばかりのホンダは、アメリカ市場だけでなく中国市場でも長い間その名を馳せてきましたが、ヨーロッパでは 1% を超えることのない限界的なブランドになりました。 これは、そのモデルの悪名を変えるものではありませんでした。 時間が経つにつれて、この車は都会的な目的から距離を置き、オリジナリティの爆発を和らげてきました。 マスターキーではなくクラシックなステーションワゴンの形で登場する新しいバージョンは、適度な熱意を持って追求された電動化戦略の反映です。

新しいシビックにより、日本企業は現在、完全に電化されている範囲(ジャズ、シビック、H-RV、CR-V、およびホンダe)を持っていますが、大きな競争相手であるトヨタと同じように、本質的に自己充電ハイブリッドに限定されています。 特に VTEC 可変タイミング システムとシビック タイプ R のような力強いモデルのおかげで、内燃エンジンの卓越性で名声を築いてきたこのブランドのエンジニアは、明らかに満足していません。

も読む 日本のホンダが世界初の高度な自動運転システムの画期的なゴーサインを得る

シビックは、内燃機関の終焉を遅らせることを可能にするすべての可能性を探求するという野心を示しています。 このモデルは、2 つの電気モーターと 2 リットルの 4 気筒エンジンを組み合わせて 135 キロワット (184 馬力) の出力を発生しますが、その動作は電気起源のエネルギーを優先し、その 85% 以上は都市で、約 15% が要求されます。道路上。 発電機をほぼ独占的に駆動する熱機関は、その速度を調整して、必要な量の電気エネルギーを適切なタイミングで供給します。

基本価格32,400ユーロ

ハンドルを握ると、このいわゆる「e:HEV」テクノロジーは、1.05 kWh の小さなバックアップ バッテリーで動作し、ギアボックスがなく、従来のギアであるというちょっとしたトリックのおかげで、自然な加速感ですぐに加速することが保証されます。シミュレートされたギアチェンジのプログラミングによってマスクされます。 従来の (そしてほとんど役に立たない) タコメーターは、出力のパーセンテージで有利に置き換えられます。 ファッショナブルなホンダハイブリッドはほとんど消費しないことを特に覚えています。 スペック シートに記載されている加重平均は 4.7 リットルです。これは、テスト中に記録された平均値を信じるのであれば、現実的なしきい値です。

この記事の 43.52% をまだ読む必要があります。 以下は購読者限定です。

Okura Sho

「誇り高きフードマニア。受賞歴のある探検家。情熱的な旅行忍者。ソーシャルメディアの伝道者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。