ボーデンは日本の副外相に会う

Najla Bouden首相は、水曜日の夜、カスバの政府宮殿で、日本のホンダ太郎外務副大臣と彼に同行する代表団に会いました。

ボーデンは、チュニジアと日本の間に存在する「優れた」協力関係について話す機会を得て、特にインフラ、環境、健康、再生可能エネルギー、技術、高等教育の分野でパートナーシップの分野をさらに発展させたいという願望を強調しました。農業知事室からのプレスリリース。

首相は、経済社会情勢を改善するための構造改革プログラムの開始時に発表されたロードマップと期限の実施における進捗状況をレビューした。

日本の当局者は、8月27日から28日に予定されているTICAD 8サミットを見越して、チュニジアの準備の「加速された」ペースを歓迎した。

彼は、コビッド後の時代に両国間の高官による訪問のリズムを回復したいという自国の願望を強調した。

加えて、太郎は、チュニジアを支持する日本の意欲を表明し、両国間のパートナーシップを最高レベルに支援し、高めるために、二国間および三者間の協力をさらに発展させる決意を繰り返した。

彼は、日本の投資を奨励し、両国間の技術協力を強化する法的枠組みの迅速な開発を求めた。

双方はまた、特にウクライナの状況を含む、共通の関心のある国際問題について話し合った、と同じ声明が述べた。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。