マックス・フェルスタッペンがワールドチャンピオンになるための条件

マックス・フェルスタッペンは今でもドライバーズランキングのリーダーであり、先週末のシンガポールグランプリのように、前回のチャンピオンシップの最終ラウンドでF1を破った後、2年連続で世界タイトルを獲得するチャンスがあります。年の世界選手権で優勝しました。

341ポイント、モナコのシャルル・ルクレール(フェラーリ)より104ポイント、メキシコのセルジオ・ペレスより106ポイント上回っている彼の Red Bull-Honda チームメイトである 25 歳のオランダ人は、この 2 人のライダーからの復帰を確信しているように見えます。

しかし、いずれにせよ、まだ何も決まっていません。 1 つの違いは、レッドブル チームのエンジン メーカーであるホンダの土地で開催される日本グランプリの終わりに、マックス フェルスタッペンが契約を結ぶことができるということです。

最速ラップで成功した場合はハイリグ

いくつかのシナリオが考えられますが、マックス フェルスタッペンがファステストラップで勝利し、26 ポイントを獲得するのが最適です。 この場合、彼は追跡者の位置に関係なく戴冠します。. 彼がファステストラップ (25 ポイント) なしで勝った場合、シャルル・ルクレールが 3 位、ペレスが 2 位に終わった場合、彼は戴冠します。

次、 フェルスタッペンが2位になったとき ファステストラップのポイントを考えると、ルクレールはせいぜい 5 位、ペレスは 4 位でなければなりません。 フェルスタッペンがファステストラップ ポイントなしで 2 位でフィニッシュした場合、ルクレールはベスト 5 位 (ファステストラップ ポイントなし)、ペレスはベスト 4 位 (ファステストラップ ポイントなし) でフィニッシュする必要があります。

ついに、 フェルスタッペンが 3 位になったとき ファステストラップのポイント: ルクレールはせいぜい 6 位、ペレスは 5 位でなければなりません。

日本グランプリ:プログラム

10月7日(金) フリー走行

10 月 8 日土曜日: 予選はフランス時間午前 8 時

10 月 9 日(日):フランス時間午前 7 時にレース開始

編集者が推奨する

RTL 編集チームからのニュースがメールボックスに届きます。

RTL アカウントのおかげで、RTL Info ニュースレターを購読して、毎日すべてのニュースをフォローしてください

Fukui Fuji

「インターネットスペシャリスト。謝罪のないコーヒーオタク。受賞歴のあるソーシャルメディアの魔術師。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です