マレーシアは東方政策の一環として日本との協力を強化している

Datuk Seri Ismail Sabri Yaakob 首相は 8 月 11 日木曜日のスピーチで、環境、社会、ガバナンス (ESG) 政策に関する日本との協力の新しい分野を模索するマレーシアの意欲を述べました。 東を見る (LEP) マレーシア出身。

>>マレーシアと日本が「Looking East」政策について協議
>>マレーシア首相が訪日
>>マレーシアと日本は二国間関係を強化






ダトゥク・セリ・イスマイル・サブリ・ヤーコブ首相。 写真: マイン・トゥアン/VNA/CVN

マレーシア政府は、日本の経験に基づいた国の社会経済発展を目指すため、1982 年に SARA を採用した。

マレーシア首相は、両国に対し、SARA の下で実施されるプロジェクトやプログラムを通じて、ESG に関連する新たな協力分野を促進するよう求めました。

これらは、災害関連の危機、社会的高齢化、デジタル経済、科学技術とイノベーション、グリーン成長の分野における協力です。

また、SARAにおける協力事業の実施を通じて、日本政府がさらなる協力を促進するための支援を引き続き提供することへの期待を表明した。 世界のハラール産業のパイオニアとして、マレーシアは日本がこの分野を発展させるのを助けることができます。

マレーシアの首相はまた、昨年 5 月の岸田文夫首相との会談で合意した精神で、デジタル インフラストラクチャへの投資を通じて地域のサプライ チェーンに関連する問題に対処するため、両国が協力を模索すべきであると提案しました。




VNA/CVN

Adachi Akira

「音楽愛好家。Twitterオタク。旅行のスペシャリスト。アマチュアの内向性。プロのコーヒー狂信者。ベーコン愛好家。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。