モスクワは、キエフがザポリージャ原子力発電所を爆撃して「ヨーロッパを人質にした」と非難している

[モスクワ 29日 ロイター] – ウクライナがザポリージャ原子力発電所周辺の非武装地帯の創設を求めた後、ロシアは月曜日、キエフがザポリージャ原子力発電所を爆撃して「ヨーロッパを人質にしようとしている」と非難した。

モスクワとキエフは、ウクライナ南部にあるヨーロッパ最大の原子力発電所周辺地域を爆撃したとして、お互いを非難している。

ロシア外務省は声明の中で、国際原子力機関(IAEA)が施設を訪問することを望んでいたが、キエフは訪問の可能性を阻止していると述べた。

ロシア外務省のスポークスマン、マリア・ザハロワ氏は、「(ウクライナ人は)ヨーロッパを人質に取っており、ナチスの偶像への犠牲として(植物を)焼き払うことを厭わない」と語った。

ロシアは、その「軍事特別作戦」がウクライナを「脱ナズ化」することを目的としていると述べており、キエフと西側の指導者は、ウクライナの東部と南部の地域を占領する口実と見なしている.

非武装地帯

ウクライナの公共エネルギー会社 Energoatom のトップである Petro Kotin は月曜日、Zaporijjia 発電所の非武装化を要求し、青いヘルメットのチームがその場にいるべきだと見積もった。

「私たちは、国際社会とすべてのパートナー(…)に、発電所部門からの侵略者の撤退と非武装地帯の創設に必要なすべてを行うよう呼びかけます」と彼はウクライナのテレビで語った.

ロシア軍は3月初旬にウクライナ南部のザポリージャ発電所を制圧したが、エネルゴアトムのウクライナ人従業員はいまだに操業している。 キエフ軍は現在、この地域で反撃を行っています。

国連のアントニオ・グテーレス事務総長は月曜日、「原子力発電所へのいかなる攻撃も自殺行為である」と警告したが、モスクワとキエフは、金曜日以降に発電所周辺で行われた爆撃について責任を否定している。

「原子力発電所レベルでの状況を安定させるための条件を作り出すことを目的としたIAEAの取り組みを全面的に支持する」広島と長崎への原爆投下。

国連事務総長は、IAEAの査察官はザポリージア工場にアクセスできる必要があると強調した。

IAEAのラファエル・グロッシ事務局長は土曜日の声明で、発電所近くでの最近の攻撃は「核の大惨事の非常に現実的なリスク」を示していると警告した.

ロシア国防省は月曜日に、日曜日のウクライナの砲撃による高圧送電線の損傷により、工場は生産を停止しなければならなかったと述べた.

キエフの当局は爆撃の背後にいることを否定し、土曜日に工場の近くでストライキを行い、2 人の労働者が負傷し、3 つの放射線センサーが損傷したことについてロシア自身を非難した。

ロシアとウクライナは金曜日、発電所の送電線に損傷を与えたストライキの責任を否定した。

ロイターは、これらの主張を現場で確認することはできません。

(ロイター通信局からの報告、東京のロッキー・スウィフト、キエフのナタリア・ジネッツによる寄稿、スティーブン・コーツとマーク・ハインリッヒによる執筆、ミリアム・リベットとエレナ・ヴァルドンによるフランス語版、タンギ・サラウン、ケイト・エントリンガー、カミーユ・レイノーによる編集)

Taguchi Eiji

「作家。音楽の専門家。コーヒー中毒者。インターネット愛好家。フリーランスのベーコン狂信者。ウェブの専門家。Twitterの学者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。