モトGP。 日本 GP: もてぎのパドックで火災の影響を受けたガレージ。 スポーツ

もてぎでの日本グランプリ週末は、最適なスタートを切れなかった。 日曜日のレースは台風の可能性に脅かされていますが、水曜日から木曜日の夜に、Moto2 カテゴリーに参加しているマーク VDS チームのスタンドで火災が発生しました。 事件が解決した後に発行されたプレスリリースで、チームはこの火災の原因についていくつかの回答を提供しました.

Cookie の選択を尊重するため、このコンテンツの表示をブロックしました。
「相談する」をクリックすると、Twitter などのソーシャル ネットワーキング サービスによる Cookie の登録に同意したことになります。

ショートによる火災

ガレージの火災が鎮火した後、私たちの調査では、雨がガレージに入ったときに火災が発生したことがわかりました (現在、日本は厳しい気象条件に直面している、編)充電器をショートさせる前に地面に注入します。 すぐに火に変わった火花を作成しました」チーム関係者は語った。

Cookie の選択を尊重するため、このコンテンツの表示をブロックしました。
「相談する」をクリックすると、Twitter などのソーシャル ネットワーキング サービスによる Cookie の登録に同意したことになります。

彼らはまた、損傷がスタンド内にあることを確認しました 「最小化」 チーム、現場のセキュリティ担当者、および近隣のチームの他のメンバー、特にスズキの介入のおかげで. アプリリアとスズキの 2 つの MotoGP チームは、火災が発生したものの両側にガレージがあり、最悪の事態を防ぎました。

また読む。 モトGP。 サーキット、時刻表、テレビ番組…日本グランプリについて知っておくべきことすべて

木曜日にはすべてが正常に戻り、チームは今週末のレースの準備ができていると述べました。

Cookie の選択を尊重するため、このコンテンツの表示をブロックしました。
「相談する」をクリックすると、Twitter などのソーシャル ネットワーキング サービスによる Cookie の登録に同意したことになります。

Fukui Fuji

「インターネットスペシャリスト。謝罪のないコーヒーオタク。受賞歴のあるソーシャルメディアの魔術師。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。