モロッコの立場は「変わらない」






©ヤビラディ提供


チュニジアの指導者ブラヒム・ガリによる「深刻で容認できない」歓迎に対するモロッコの立場は「変わらない」と、外務、アフリカ協力、海外に住むモロッコ人を担当する大臣は述べた。 「これは、外務省、アフリカ協力省、海外居住モロッコ人が 2022 年 8 月 26 日のプレスリリースで表明したものであり、モロッコ国民全体とそのすべての生命力によって共有されているものです」とナセル ブリタ氏は声明で強調しました。カイロからメディアへ。

大臣は、第 158 同盟評議会の作業完了後の記者会見で、アラブ連盟事務総長アフマド・アブ・エル・ゲイトのメディア声明に応えた。 モロッコ外交の責任者にとって、この反応は「チュニジアの代表団がTICADの主題に関する挿入を提案し、モロッコが断固として拒否したパラグラフのみに関係している」.

実際、ヨルダンをはじめとするアラブの友愛国が一定数参加したことで、日本とアラブ諸国の協力に関する妥協案に到達することができたが、TICAD サミットについてはまったく言及されていない。

Yamagata Akio

「熱心なポップカルチャー中毒者。インターネット愛好家。不治のゾンビ狂信者。邪悪なコーヒーファン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。