モロッコはサウジアラビアとの貿易を50億ドルに増やすよう要求

AA / フラップ

モロッコの貿易相リヤド・マズールは火曜日、今後5年間でサウジアラビアとの貿易を年間50億ドルに増やすよう求めた。

これは、モロッコ企業連盟とサウジ商工会議所連盟が主催する、カサブランカでのモロッコ・サウジ ビジネス フォーラムのオープニング セッションから明らかになりました。

マズールはまた、ラバトとリヤドの間の経済および貿易協力の強化を求め、モロッコとサウジアラビアの間の貿易は「控えめ」であると述べた。

昨年の両国間の貿易総額は 16 億ドルでした。

モロッコの当局者は、両国に大きな機会と可能性があることを考えると、この目標は手の届くところにあると強調しました。

マズール氏は、モロッコへの投資は、中国、日本、アメリカ合衆国、ヨーロッパ諸国などの国に利益をもたらすと指摘しました。

サウジアラビアのマジェド・ビン・アブドラ・アル・カサビ通商相は、モロッコのビジネスマンに自国への投資を促し、「貿易取引は両国の熱望と一致していない」と付け加えた。

サウジ当局者は、彼の国は教育、観光、文化、インフラ、スポーツなどの分野での活動が指数関数的に成長していると付け加え、機会を明らかにするためにコミュニケーションの改善を求めた.

アル・カサビは、モロッコとの経済関係を強化するために、14以上の与党と62人のビジネスマンを代表する90人以上の役人を含むサウジの代表団を率いている。

*Malek Jomni によるアラビア語からの翻訳

アナドル局が内部放送システム (HAS) を介して加入者に放送するアナウンスの一部のみが、AA Web サイトでまとめて放送されます。 登録するには、お問い合わせください。

Yamagata Akio

「熱心なポップカルチャー中毒者。インターネット愛好家。不治のゾンビ狂信者。邪悪なコーヒーファン。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です