モロッコへの日本の投資:つかむ勢い

Morocco Nowブランドの立ち上げの一環として東京を訪問した際、首相の大臣代表であり、投資、収斂、公共政策評価を担当するMohcine Jazouliが率いるモロッコの代表団は、その熱意を観察することができました。そして、王国の経済的可能性に対する民間事業者、機関、日本の機関の継続的な関心は、現在、この地域での投資と商業交流を発展させるための主要な目的地と見なされています。

日本のモロッコ王国大使館の支援を受けてモロッコ投資輸出開発庁(AMDIE)が主催したこの訪問は、特に自動車、航空、食品などの多様なセクターからの20人以上のビジネスリーダーに会う機会でした。 、テキスタイル、観光、再生可能エネルギー、インフラ。

モロッコの社会経済的進歩、その政治的安定、そしてモロッコが日本の投資の発展と多様化の優先目的地としてだけでなく、地域のプラットフォームとしても位置づけられることを可能にしたムハンマド6世陛下のリーダーシップを満場一致で歓迎しました。 特にヨーロッパとアフリカへの輸出の発展のために。

モロッコの代表団はまた、再生可能エネルギーの開発を通じてそれぞれの経済のエネルギー転換を促進するために、モロッコと日本の間の目標の整合を観察することができました。彼らの陛下の啓発されたビジョン」。

外務副大臣、経済貿易産業副大臣、国際協力貿易投資開発機関ジェトロとJICAの長を含む出席した日本の機関は、投資促進と保護の最近の発効を歓迎した。協定と二重課税協定、日本企業はモロッコへの投資を奨励し続けています。 したがって、特に世界が目撃している生産チェーンのシフトとサプライチェーンの混乱に関連して、活用されるべき勢いがあります。

JETROの社長兼最高経営責任者である佐々木信彦「日本AMDIE」もこの機会に、日本企業がモロッコに存在する伝統的な活動分野だけでなく、モロッコと日本の民間部門との間のビジネスフォーラムの今後の組織を提案した。自動車産業などだけでなく、航空、ホテル、再生可能エネルギーなどの新しいターゲットセクターでも。

Sako Masahiro

「極端なウェブプラクティショナー。Twitterオタク。旅行の支持者。音楽のスペシャリスト。テレビ中毒者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。