モータースポーツ | 忍耐 | 富士6時間:WECが3年ぶりに日本に帰ってくる

WEC が最後に日出ずる国にやってきてから 3 年後、今週末、富士 6 時間レースのために世界耐久選手権が日本にグランド リターンします。 これは、2022 シーズンの 6 ラウンドの 5 番目になります。

カテゴリ内 ハイパーカー、ホームで競争するトヨタは、2か月前にモンツァで9X8がデビューしたプジョーと同様に、通常どおり2つのプロトタイプを投入します。 ドライバーズランキング首位のアルピーヌは1台で参戦し、グリッケンハウスは日本を欠場する。

の中に LMP2、ARCブラチスラバチームは富士イベントをスキップしますが、チャンピオンシップに参加する他のすべてのチームが出席します. ドライバーに関しては、まだ 2 つの変更が見られます。ルネ ラスト (WRT No. 31) がドリス ヴァンスールに置き換えられ、ニコ ミュラー (ベクター スポーツ No. 10) がレンガー ヴァン デル ザンデに取って代わられました。

報告するカテゴリに変更はありません LMGTE プロ ポルシェとフェラーリは、コルベットで 2 台の車と 1 台の車を対戦させます。 最後にきれいに LMEGTE アムモンツァ 6 時間レースと同じ 13 チームが見つかりました。

BoP:プジョーとトヨタは軽量化、アルピーヌはパワーを削減

WEC はまた、富士に適用されるバランス オブ パワー (BoP) を伝えました。

の中に ハイパーカートヨタとプジョーは、GR010 と 9X8 の重量をそれぞれ 1053 キロと 1068 キロにするために 18 キロ軽量化します。 ただし、パフォーマンスに関しては何も変わりません。モンツァと同様に、トヨタは 688 馬力、プジョー 691 は出力されます。リレーあたりのエネルギー配分も 905 または 909 メガジュールで変わりません。

ハイパーカーに発展可能なLMP1であるアルピーヌA480は、952キロの重量を維持しています。 一方、V8 の最高出力は 29 キロワット、つまり 39 馬力に相当し、合計 535 馬力にまで低下しました。 リレーごとの電力割り当ても、モンツァの 795 メガジュールから富士の 752 メガジュールに削減されます。

の中に LMGTE プロモンツァで優勝したコルベット C8.R は、重量が 10 キロ増加して 1365 キロになります。

2 台のポルシェ 911 RSR-19 では状況が異なり、その重量は 5 キロ減の 1259 キロです。 エアインテークリミッターは、以前の 30.8 ミリから 31.2 ミリに拡大されました。

Ferrari 488 GTE Evo のタンク容量は、Monza と比較して 3 リットル削減されています。

Fukui Fuji

「インターネットスペシャリスト。謝罪のないコーヒーオタク。受賞歴のあるソーシャルメディアの魔術師。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。