ヤマハニケンで走る南コルシカ島

すべてのバイカーが抱く夢の中で、季節外れのコルシカを旅することは、間違いなく最も美しいものの 1 つです。 コルシカ島のツーリスト オフィスとヤマハ モーター フランスのおかげで、ボックスにチェックを入れました。 GT20を発見し、 島を南北(またはその逆)に600kmにわたって横断するこの道路。

パリから飛行機で 2 時間もかからない距離にあるアジャクシオでは、代理店のチームと地元のヤマハ ディーラーであるキット モトに歓迎され、機器の鍵を受け取り、コースを理解することができました。 チーム全員で記念写真を撮り、いざ出発 ニケンという名前のこの面白い三輪獣のハンドルバーでプロプリアノの方向.

この機械の取り扱い MT-09をベースに、 特別なサスペンションシステムを前にして、それほど複雑ではありません。 最初の数キロのループは少し危険ですが、前に 2 つの車輪があることを忘れるまで、すぐに慣れます。 しかし、それは 良き旅の友パスの下り坂での特定のハードブレーキングのみが、頂上での優位性を強調します。

陸、海、美食の間

日本人は、特にアジャクシオ湾沿いのビーチで日光浴をする観光客の注目を集めています。 D55、そしてDS155が海岸沿いを蛇行し、 Serra di Ferroまで、この地域ではかなり野生です。 時間を節約するために、プロプリアノとその港を迂回してサルテーヌに登り、斜面にしがみつきます モンテロッソから、ほぼ 1,000 m の高度で。 プロスペル・メリメが「すべてのコルシカの町の中で最もコルシカらしい」と表現した町は、大きな門、印象的な鐘楼のある古い教会、そして通りに並ぶ巨大な石造りの家々を備えた本物のはがきです。

山の反対側にあります オルトロ渓谷で、サパラレエステートは失われた小さな楽園です。 岩の露頭に囲まれたブドウ畑を横切るのは、時間切れの瞬間です。 ジュリー・ファリネッリは、ネクターが樽、樽、またはジャグで辛抱強く熟成するセラーのツアーに私たちを歓迎します。 ここで使用されるブドウ品種はコルシカ島の典型的なものです軽い赤ワインとフルーティーなロゼワインにはシャッカレロ、アペラシオンの白ワインにはヴェルメンティーノ。

夜はコルシカ島のワインの伝統について話し合うこともできましたが、もう少し山を登ったところにあるレヴィでは、ごちそうとぐっすり眠ることが待っていました。 夜の街は、私たちが良い光への関心を理解することを可能にします 二軒の完璧なイルミネーション そして、前輪が2つあることは明らかに心強いです。 私たちを歓迎するアントワーヌ・ロッカ 「ピグナータ」では、 主な活動である養豚を維持しながら、家族の羊小屋をホテルレストランに変えたのは、この家族の起源です。 ハムやソーセージが誇らしげにぶら下がっているセラーへの訪問に抵抗するのは難しいです.

ルールに少し慣れた後、はっきりとした訛りの男性が私たちをテーブルに招待してくれました。 そしてごちそうを始めましょう: 子羊のロースト、ブロッチュのカネロニ、地元のチーズ、栗のタルト… 幸いなことに、自家製のギンバイカがすべてを良いものにしてくれます。 翌日、私たちは村の中心部に行き、この地域で知られている蓮のカットラーであるジャン・フランソワ・トラモーニに会います。

祖先の遺産

別の時代のワークショップで、ジャン=フランソワはコルシカ人とこのツールの関係について話してくれました。 各ナイフが機能を念頭に置いて設計され、手作業で鍛造され、組み立てられているため、私たちはツールについて話します. コルシカ島にはまだ 40 人の職人の刃物職人がいるので、そのノウハウと絶え間ない需要があります。 日本人のハンドルバーを取り戻します 巨大な松が生い茂る印象的な岩の露頭のパノラマとともに、バチーヌ峠を通り抜けます。 北米にいる自分を想像することができます。

フィガリへの降下により、ある程度回復することができますが、 少し多すぎます。 ジャン・バティスト・ド・ペレッティに到着すると、さらに夏です。 シャルキュトリー、フィガテル、ブロッチュのドーナツ、チーズ、そして最後にフィアドーネのようなデザートまで、すべてが私たちの味覚を満足させます。 Jean-François は、彼が現場で生産するワインの試飲を提供してくれますが、私たちのプログラムはタイトです。

T40 と西海岸を経由してボニファシオに到着する必要があります。 そこへの道は沼地と松林の間を行き来し、偽のカマルグのアクセントがありますが、より岩が多いです。 ここで、ニケンの可能性が最大限に発揮されます。、流れるような曲線により、完全に安全で楽しい角度を取ることができます。 遠くにボニファシオが見えます。 時代を超越した岩に刻まれた港に戻ります トンナラ通り、 マルコのボスが私たちを待っている場所。

海抜 200 m に位置し、見逃せない巡礼地である三位一体教会への寄り道の時間です。私たちはブイヤベースへの入門のためにマルコを訪れます。 赤魚、鯛、マトウダイ…を混ぜ合わせた伝統的なスープを、トンナーラの小さな港で、美しい夕日とともに味わいます。 翌日、GT20を経由して北に戻り、まったく異なる環境に向かいます。

フィルターなし

ボニファシオを出てGT20に向かうと、また寄り道することに。 未舗装の長い道のりの終わりに、白い砂浜と半透明の海だけを背景にした野生のビーチを発見しました。 しかし、地名については沈黙。 楽園は当然であり、保護されています! ヨード化された肺、ビタミンDで飽和した皮膚、 GT20に行く.

ポルト・ヴェッキオで失敗した後、 したがって、ゾンザに向かって山を攻撃します. そして、それは良い驚きです。 旅のさまざまなセクションに忠実に、ここでも GT20 は山と森の間、断崖と息をのむようなパノラマの間を蛇行します。 ニケンは実用的です 115 馬力のエンジンは、曲がりくねった道での優れたツールです。 快適な面では、ハンドルバーは少し広いですが、位置は正しいままです. 伝統的な村のパレード。

Ospedale を通過した後、ダムの壁の手前の湖で最後の昼食休憩を取ります。 水位は平均以上で、混同されるカナダの風景を提供しています。 この途中降機は、わずか 3 日間で 1 年間私たちを強化したこの偉大な旅を振り返る機会を与えてくれます。 数時間後、 Aiguilles de Bavella のふもとにある峠を越える前に、ゾンサを越えます。 そして、ソレンツァーラに降りてから、旅が終わったコルテに降りるその野生の自然。 GT20はガイドとして機能しましたが、運転体験を真に理解するには、気まぐれに迂回する必要があります.

トピックに関する詳細情報:

バイク:ヤマハ ニケン

それが私たちの乗り心地に気づき、オートバイがもう少しトラブルを抱えていたであろう厄介な状況から抜け出すことができれば、ナイケンの主な能力は使いやすさでした. 2 つのツイン ホイールとマルチ ステアリング アクスル テクノロジーを備えたフロント アクスルが少し重くなっていますが、優れた操作性は依然として優れています。 MT-09のCP3 3気筒847cc 115hpエンジンは、267kg(満タン)を動かすには十分すぎるほどだ。 トラクションコントロール、スリッパークラッチ、さまざまなドライビングモード、クルーズコントロールなど、数多くの電子ヘルパーを備えています。 ニケンは、コルシカ島の道路の挑戦を勇敢に受け入れました。

住所録 :

1- アジャクシオの観光案内所

2- プロプリアノ港

3- サパラレのドメイン

4- 農家と旅館「ピニャータ」

5- レヴィの村

6- レストラン シェ マルコ

7- ボニファシオ港

8日~ バベラの針

9- ゾーン

Okura Sho

「誇り高きフードマニア。受賞歴のある探検家。情熱的な旅行忍者。ソーシャルメディアの伝道者。」

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。